RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを比較!どっちがおすすめ?

RE-SS10CとRE-SS10Bの違い

シャープのオーブンレンジ、RE-SS10CとRE-SS10Bの違いは何なのでしょうか?

この記事では、RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを徹底比較します!

また、RE-SS10CとRE-SS10Bの共通する機能やスペックについても解説していきます。

「RE-SS10CとRE-SS10Bの違いって何?」

「シャープのオーブンレンジの機能について知りたい!」

と思っているあなたには、読む価値のある記事になっています!

それでは、RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを徹底比較していきましょう!

RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを比較

ここでは、RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを解説していきます!

具体的には、自動メニュー数の違い、年間消費電力の違い、価格の違いがあります。

冒頭のtweetは、RE-SS10Cの写真をのせた投稿です!

投稿者さんの言う「結構いいやつ」とはどういうことなのでしょうか?

具体的に解説していきましょう!

自動メニュー数の違い

まず1つ目の違いは、自動メニュー数の違いです。

RE-SS10CとRE-SS10Bを比較すると、RE-SS10Cの方が自動メニュー数は多いです。

注目

RE-SS10Cは自動メニュー数が多い

RE-SS10CとRE-SS10Bの自動メニュー数の比較表は以下の通りです。

RE-SS10CRE-SS10B
自動メニュー数8372

RE-SS10BにはなくRE-SS10Cにある自動メニューとして「コンビニ弁当あたため」があります。

簡単にコンビニ弁当のあたためができる機能です。

「今日は帰りにコンビニ弁当を買おうかな」

と帰宅途中に考えた場合、すぐにあたためて食べることを考えると、RE-SS10Cの方が有益です!

消費電力の違い

2つ目の違いは消費電力の違いです。

RE-SS10CとRE-SS10Bを比較すると、RE-SS10Bの方が消費電力は少ないです。

注目

RE-SS10Bは消費電力が少ない

具体的な消費電力の違いを以下の通りです。

RE-SS10CRE-SS10B
消費電力
(年間)
70.3kWh68.6kWh

電気代のシミュレーションをしてみると、RE-SS10Cは年間で約1898円、RE-SS10Bは年間で約1852円の電気代になります。

電気代を安く済ませたい人はRE-SS10Bの方が有益です!

価格の違い

最後の違いは、価格の違いです。

Amazonで価格を調べると、RE-SS10Bの方がRE-SS10Cよりも価格は安いです。

注目

RE-SS10Bは価格が安い

RE-SS10CとRE-SS10Bの価格表は以下の通りです。

RE-SS10BRE-SS10C
価格
(Amazon)
税込25,580円税込24,980円

RE-SS10Bの方がRE-SS10Cよりも価格は安い理由は、自動メニュー数の違いによるものです。

RE-SS10Bは自動メニュー数が83であるのに対し、RE-SS10Cはメニュー数が72です。

価格も考慮して、RE-SS10CとRE-SS10Bのどちらを選ぶか決めることをおすすめします!

RE-SS10CとRE-SS10Bに共通する機能

冒頭のtweetでは、RE-SS10Bが2段調理ができることをつぶやいています。

RE-SS10CとRE-SS10Bに共通する機能として、2段調理の機能があります。

お菓子やパンを調理するとき、1度にたくさん作れることが利点です。

価格.comでは、2段調理の機能を以下のように説明しています。

2段調理を活かした「お菓子・パン」メニューが充実。

スチームを使って加熱するので、スポンジケーキなどは、生地がしっとり仕上がります。

また、立ち上がりも速く、ムラを抑えて加熱するので、均一にふくらみます。

引用元:価格.com

要は、2段調理機能でたくさんお菓子・パンなどを作るときは加熱のムラを少なくできる、ということです。

RE-SS10CとRE-SS10Bどちらとも、お菓子・パンなどを作るとき同じ仕上がりにできます!

RE-SS10CとRE-SS10Bの使用スペック一覧

冒頭のtweetは、シャープのヘルシオではなくRE-SS10Cを選んだ人のつぶやきです。

液晶モニターに多少の不満はあるようですが、ヘルシオはRE-SS10Cと比べると桁が1つ違う価格になります。

なので、安価なRE-SS10Cを選んだのですね。

ここでは、冒頭のtweetで中堅クラスと言われたRE-SS10CとRE-SS10Bの使用スペック一覧は以下の通りです。

RE-SS10CRE-SS10B
自動メニュー数8372
消費電力
(年間)
70.3kWh68.6kWh
2段調理機能ありあり
脱臭機能ありあり
価格
(Amazon)
税込25,580円税込24,980円

RE-SS10CとRE-SS10Bの使用スペックを比較すると、RE-SS10Cの方が自動メニュー数が多いのと引き換えに、消費電力が多く、価格も高くなります。

RE-SS10CとRE-SS10Bの両機種とも共通して、2段調理機能と脱臭機能があることがわかります。

RE-SS10CとRE-SS10Bの選び方!おすすめな人とは

冒頭のtweetは、RE-SS10Bを買った人が「高いヘルシオとかビストロあたりを買って使いこなせるか不明」と投稿していますね!

RE-SS10CもRE-SS10Bも比較的安価で購入することができます。

それでは、RE-SS10CとRE-SS10Bのどちらを選べば良いのでしょうか?

解説していきましょう!

RE-SS10Cがおすすめな人

RE-SS10Cは、料理のバリエーションを増やしたい人におすすめです。

注目

料理のバリエーションで選ぶなら、RE-SS10Cがおすすめ

RE-SS10Cは、自動メニュー数がRE-SS10Bよりも多いです。

なので「料理のバリエーションを増やしたい!」という人は、RE-SS10Cをおすすめします!

RE-SS10Bがおすすめな人

RE-SS10Bは、お金を節約したい人におすすめです。

注目

節約で選ぶなら、RE-SS10Bがおすすめ

RE-SS10Bは、RE-SS10Cよりも本体価格が安いです。

消費電力もRE-SS10Bの方が少ないので「節約したい!」という人は、RE-SS10Bがおすすめです!

RE-SS10CとRE-SS10Bの口コミ・レビューを比較

冒頭のtweetは、RE-SS10Bの口コミです。

「天板が大きい」「2段同時使用可能」「見た目もいい」といったことでおすすめしています!

他にもWeb上にある口コミをまとめると以下の通りです。

RE-SS10CとRE-SS10Bの口コミ・レビュー
  • 天板2枚使えるため、一気に焼くとき便利
  • 値段の割に高機能
  • デザインもかっこいい

RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを比較記事まとめ

この記事では、RE-SS10CとRE-SS10Bの違いを比較してきました。

まとめると次の通りです。

  • RE-SS10Cは自動メニュー数が多い
  • RE-SS10Bは消費電力が少ない
  • RE-SS10Bは価格が安い
  • 料理のバリエーションで選ぶならRE-SS10Cがおすすめ
  • 節約で選ぶならRE-SS10Bがおすすめ

この記事が、RE-SS10CとRE-SS10Bのどちらかの購入の検討に役立つことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 − nineteen =