Anker Eufy RoboVac HybridのX8と旧型L70の違いを徹底比較!どっちがオススメ

Anker Eufy RoboVac Hybridの新型X8と旧型L70の違いを徹底比較!どっちがオススメ?

2022年6月2日、Ankerがロボット掃除機のEufy RoboVac X8 Hybridの新色ホワイトを発表しました。

これで引き締まって洗練された雰囲気のブラックと、大人びていながらどこかかわいらしいホワイトの2色展開となったX8 Hybrid。

Anker Eufy RoboVac Hybridの新型X8と旧型L70の違いを徹底比較!どっちがオススメ?

(画像引用:Anker 商品HPより)

ここではそのAnker Eufy RoboVac Hybridの新型X8と旧型L70の違いを徹底比較しました!

Ankerといえば、品質の高いモバイルバッテリーを低価格で提供してくれるトップブランドの一つです。

そんなAnkerがロボット掃除機の最高級モデルとして発表した新型X8と旧型L70。

新型と旧型のロボット掃除機の違いを比較して見えてきたのは、進化のスピードの速さです!

では、新型X8と旧型L70の違い、そして比較内容を詳しくお伝えしていきますね!

こちらのリンク先で

新型X8を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね⇩

旧型L70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね⇩

Anker Eufy RoboVac Hybrid新型X8と旧型L70の違いを比較しました!

最初に新型X8と旧型L70の5つの違いをご紹介します!

新型X8の吸引力は旧型L70の約7.5倍!

掃除機を選ぶ時に「吸引力」の強さは重要な要素の1つです。

ゴミを吸い込むチカラが強ければ強いほど、どんなものでもどんな場所にあっても吸い込むことができます。

新型X8の吸引力は、旧型L70の約7.5倍もの吸引力を実現しました!

新型X8は、タービンを増やしたことで吸引力をアップすることに成功しました。

旧型L70では2200Paのタービンが1つでしたが、新型X8では2000Paのタービンを2つ搭載しています。

これにより新型X8では旧型L70の約7.5倍もの吸引力を実現しました!

AIマッピングがパワーアップ!複数階の間取りをアプリへ記録!

お掃除しながらお部屋の形をマッピングしていく『A.I.Map™テクノロジー』が、2.0へバージョンアップ!

A.I.Map™1.0で保存できるお部屋のマップはひとつだけでしたが、A.I.Map™2.0ではマップを5つまで保存可能になりました!

これにより、様々なお部屋のお掃除を実施できるようになりました!

サイズが小さくなりました!

新型X8は、本体のサイズがひと回り小さくなりました!

本体サイズ

新型X8:345×97×345(mm)

旧型L70:355×105×355(mm)

1cmほどの小型化ですが、入り込める場所が増えることに繋がります。

そして直径が小さくなったことで、よりブラシが部屋の隅まで届きやすくなるのです!

稼働時間が長くなりました!

旧型L70では最大150分だった稼働時間が、新型X8では最大180分となりました!

もちろんどちらにも自動充電機能が搭載されているので、お掃除の途中で電池切れ…なんてことにはなりません。

充電せずにすむなら、それだけ早くお掃除を終わらせられます。

正直、3時間稼働してくれるなら大抵のお部屋はきれいになると思います!

気になる価格差は…?

そんな新型X8と旧型L70ですが、実際のお値段が気になりますよね!

  • 新型X8 Hybrid:59,800円(税込)
  • 旧型L70 Hybrid:54,800円(税込)

(価格引用:Anker 各商品ページより 2022年6月10日現在)

ただ残念なことに、旧型L70 Hybridは現在ほぼ販売を終了しております…。

しかし新型X8 Hybridを、よりお得に購入できるチャンスがあります!

Amazonや楽天で、20%近いセールが行われることがあります。

約6万円の商品を20%引きとなると、1万円を超える金額がOFFとなります。

Anker Eufy RoboVac Hybrid新型X8と旧型L70の共通する機能は?

Anker Eufy RoboVac Hybridの新型X8と旧型L70の違いを徹底比較!どっちがオススメ?

(画像引用:Anker 商品HPより)

これまで、新型X8と旧型L70の違いをお伝えしてきましたが、ここからは、共通の機能をご紹介しましょう!

強力な吸引に加えて、水拭きにも対応!

新型X8と旧型L70は、水拭きにも対応しています!

吸込み掃除では取り切れないベタベタやザラつきも、この一台でスッキリ綺麗にすることができます。

しかも、吸引しながら水拭きが可能なため、お掃除の時短も可能になります!

BoostIQ™テクノロジーでカーペットもきれいにします!

掃除機の難敵と言えば…カーペットです。

RoboVacシリーズは、カーペットを自動で認識する『BoostIQ™』を搭載しています。

『BoostIQ™』により、カーペットの上では自動で吸引力をアップさせます!

さらに18mmの段差を乗り越えることもできるので、カーペットだけ掃除できてない!なんてことにもなりません!

知っていたとは言え、やっぱりカーペットって難敵なんですよね…。

アプリを使ってより便利に!

リビングや台所、寝室など、すべての部屋を同じように掃除していいのか、判断が難しいところです。

しかし、RoboVacシリーズのアプリ設定で、掃除強化や水拭きなどお部屋に合わせたお掃除をマップ編集で設定できるんです!

その他、お掃除スケジュールや吸引力・水拭き水量の設定や本体メンテナンスの時期を確認することもできます。

RoboVacシリーズをより上手に使うためのEufyHomeアプリは、簡単な操作で使用することができます!

Amazon Alexaに対応。声だけで操作可能です!

新型X8と旧型L70は、Amazon Alexaと連携させることでお掃除の開始や終了、充電などを声で操作できます!

声で操作できるのは、思った以上に便利です。

家事で手が離せなかったり、スマホを別なことに使っていたりする時にも、Alexaに話しかけるだけで操作OK!

使ってみると手放せない便利機能です。

ダストボックスは水洗い可能!

新型X8と旧型L70のダストボックスは0.45Lあります。

静電気が起きやすいホコリや髪の毛は、ボックスに張り付いてなかなか取れないことがあります。

掃除が面倒となると、だんだんメンテナンスが億劫になってきます。

さらに掃除を怠ると、肝心の吸込み能力の低下につながります。

しかし、新型X8と旧型L70のダストボックスとフィルターは水洗いできます!

Anker Eufy RoboVacシリーズの主要スペック

Anker Eufy RoboVac Hybridの新型X8と旧型L70の違いを徹底比較!どっちがオススメ?

(画像引用:Anker 商品HPより)

次に、新型X8と旧型L70のスペックを表にまとめました。

新型X8 Hybridと旧型L70 Hybridの基本スペック

新型X8 Hybrid旧型L70 Hybrid
サイズ(幅×奥行き×高さ)345×345×97(mm)355×355×105(mm)
質量約3.6kg約3.8kg
カラーブラック・ホワイトホワイト
形状丸形丸形
ブラシ右側1か所右側1か所
集じん容積0.4L0.45L
最長運転時間最大180分最大150分
充電時間240〜300分240〜300分
Wi-Fi対応
アプリ対応
スマートスピーカー対応Amazon AlexaAmazon Alexa

新型X8 Hybridと旧型L70 Hybridの機能スペック

新型X8 Hybrid旧型L70 Hybrid
掃除タイプ吸引+水拭き吸引+水拭き
衝突防止機能ありあり
段差乗り越え機能ありあり
自己位置認識ありあり
清掃エリア設定ありあり
自己充電機能ありあり
自動再開ありあり
スケジュール機能EufyHomeアプリ連携EufyHomeアプリ連携
タイマー予約EufyHomeアプリ連携EufyHomeアプリ連携

新型X8と旧型L70は、新型が運転時間が長くなっていること、また、本体の色の種類にホワイトが追加されています。

その他、機能スペックは概ね変化なしという結果でした。

Anker Eufy RoboVacシリーズの口コミ・レビュー

Anker Eufy RoboVac Hybridの新型X8と旧型L70の違いを徹底比較!どっちがオススメ?

(画像引用:Anker 商品HPより)

次に、新型X8と旧型L70を実際に使用している方の口コミをご紹介します。

よい口コミ

  • マップは複数保存でき、2階建て、3階建てのような家屋でも本機を移動させれば、スムーズに清掃できる仕組みです。
  • 日常出てしまうホコリやチリに関してはよくもこんなにとってくれる、と感心するくらいに取ってくれます。
  • なにげに嬉しかったのが、本体に収納できる小さなブラシがついていて、フィルターの掃除に使えることですね。
  • ブラックとゴールドを組み合わせたボディデザインは非常にスタイリッシュでプレミアム感がある。

(口コミ引用:Amazon、価格コム 各商品ページ)

よい口コミからは、お掃除の精度が高いということ声が聞こえてきました。

旧型やワンランク下のモデルからの買い替えの方からも、喜びの声が多く上がっています。

お掃除の精度が高いこと、そして効率のよさなど、A.I.の働きが発揮されていることがわかる感想が多かったですね!

きびしい口コミ

  • バッテリーが9ヶ月ほどでだめになった。
  • 2年保証はいいのですが、それ以降は日本での修理サポートはしていないので、捨てることにしかなりません。
  • 部屋の隅の汚れには弱く、結構取りこぼしがあります。
  • 自動でステーションに戻るはずですが、戻れないことがあります。向きを変えてみたものの結果は同じでした。
  • ダストボックスが角ばっていて、コーナーが洗いにくい。

(口コミ引用:Amazon、価格コム 各商品ページ)

バッテリーに対しての厳しい声があがっています。

その他は、部屋の隅のゴミや、ステーションに戻れないといった声がちらほら見受けられました。

Anker Eufy RoboVac Hybrid新型X8と旧型L70の違いを徹底比較!まとめ

ここまで、Anker Eufy RoboVac Hybrid新型X8と旧型L70の違いと共通機能をみてきました。

家事の中でも、お掃除って毎日の積み重ねでかなり変わります

汚れがちょっと見えているところも忙しいから後回しにしていると、気が付いた時には汚れが目立っているということもあります。

現代人は、お仕事と家事と育児をこなしている方が多いので、毎日が本当に忙しいです。

Anker Eufy RoboVac Hybrid新型X8と旧型L70は、そんな忙しい現代人の毎日のお掃除を手伝ってくれます。

空いた時間を有効活用することで趣味や家族との大切な時間に費やすことが可能になります。

とても便利なAnker Eufy RoboVac Hybrid新型X8と旧型L70を生活に取り入れてみませんか?

こちらのリンク先で

新型X8を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね⇩

旧型L70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen + 8 =