CL108FDSHWとCL107FDSHWの違いを比較!どっちがおすすめ?

CL108FDSHWとCL107FDSHW

今回はマキタの人気スティッククリーナー「CL108FDSHW」と「CL107FDSHW」の共通の機能と違いについて徹底検証してみました!

新しいクリーナー(掃除機)を購入検討中の方

古い掃除機から新しいクリーナーへ買い替えを検討中の方

メイン機とは別でサブ機として2台目のクリーナーをお探しの方

2つのクリーナーの機能について、詳しくまとめていますので、どうぞご覧ください!

CL108FDSHWとCL107FDSHWの違いを比較

それでは早速、違いを見て行きますね。

CL108FDSHWとCL107FDSHWの違いは大きく3点あります。

重さの違い

最初に、重さの違いからみて行きます。

こちらにCL108FDSHWとCL107FDSHWの違いについて表にまとめてみました。

モデル CL108FDSHW  CL107FDSHW
重さ 1.0kg

(バッテリ含む/ノズル・パイプ除く)

1.1kg

(バッテリ含む/ノズル・パイプ除く)

CL108FDSHWとCL107FDSHWの重さは、100g違います。

100gというと、生卵1個分がおおよそ50gのため、約卵2個分の重さです。

それほど大きな違いはありませんが、どちらも軽量化されている製品ですね。

余談ですが、スティッククリーナの王様ダイソンは、約2.5kgとなっていますので、ダイソンと比べると約2倍以上も軽くなっているとは驚きですね!

集塵方法の違い

CL108FDSHWとCL107FDSHWは、実は集塵方法が1番大きく違うところなんです。

2つの機種の集塵方法の違いについて、表にまとめました。

モデル CL108FDSHW CL107FDSHW
集塵方法
(容量)
カプセル式

(600ml)

紙パック式

(330ml・ダストバッグ(500ml)

CL108FDSHWとCL107FDSHWの集塵方法には大きな違いがありましたね。

では、続いてカプセル式と紙パック式についてを詳しく解説していきましょう。

CL108FDSHWはカプセル式

CL108FDSHWとCL107FDSHW

カプセル式の最大のメリットは、紙パックの交換がないので「お財布に優しい」という点です。

また、集塵容量が600mlと大容量なので頻繁にゴミを捨てなくても良さそうです。

デメリットとしては、カプセルを開ける際にゴミが飛び散ってしまうことがあります。

また、本体のメンテナンスが必要になり、メンテナンスをしないと吸引力が落ちてしまいます。

カプセル式は、コストをかけたくない方におすすめです!

CL107FDSHWは紙パック式もしくはダストバッグ式

CL108FDSHWとCL107FDSHW

紙パック式のメリットは、本体とダストバッグのメンテナンスが要らないことです。

実は、紙パック式が1番楽にゴミを捨てることができます。

また、溜まったゴミを見なくてもいい、捨てる時に手が汚れないなどの利点もあります。

デメリットとしては、集塵容量が少ないので、使用頻度によっては頻繁に紙パックを交換する必要がありそうです。

さらに、紙パックの交換が必要な為、コストがかかります。

紙パック式は、楽にゴミを捨てたい方におススメです!

もう一つのダストバッグ式は、紙パックの交換が必要ないのでお財布に優しい!という点がメリットになります。

集塵容量が500mlと紙パックよりも大容量になり、ゴミ捨ての頻度が少なくなります。

デメリットはダストバッグをお掃除することが必要になります。

ダストバッグをメンテナンスしないと吸引力の低下の原因になってしまいます。

CL107FDSHWは2つの集塵方式から選べるのがいいですね。

初めはダストバッグを使用してみて、メンテンスが面倒だなぁ~と感じたら、紙パックに変更するのも一つの方法だと思います!

吸込仕事率(吸引力)の違い

続いて、CL108FDSHWとCL107FDSHWは、吸込仕事率(吸引力)にも違いがありました。

下の表に吸込仕事率(吸引力)の違いについて表にまとめてみました。

モデル CL108FDSHW  CL107FDSHW
吸込仕事率 標準:5W
強:20W
パワフル:30W
標準:5W
強:20W
パワフル:32W

わずかですが、CL107FDSHWの方がパワフルモードで運転すると吸引力が勝っています。

とはいえ、30Wと32Wの違いになるので、吸引力は、ほぼ同じと考えていいと思います!

価格について

CL108FDSHWとCL107FDSHWは、価格にも多少違いがあります。

調べて見たところ、

  • CL107FDSHWは販売価格 店頭参考価格帯¥13,000〜14,300
  • CL108FDSHWは販売価格 店頭参考価格¥13,230〜13,900

※2022年3月23日時点の情報です。

CL108FDSHWとCL107FDSHWは、約230円~400円程なので、ほぼ同一価格帯と考えていいと思います。

また、余談ですが、近くの家電量販店で聞いたところ、最近は新型コロナウィルスの影響のため、部品の不足で納期が安定しておらず、2〜4週間ほどの時間を要するとのことでした。

(購入の際は、時間に余裕をもって注文をすることをおススメいたします。)

CL108FDSHWとCL107FDSHWの共通の機能

ここまでは、CL108FDSHWとCL107FDSHWの違いについてお伝えしました。

ここからは、共通の機能についてお話ししていきます。

バッテリー運転時間

モデル CL108FDSHW  CL107FDSHW
運転時間 標準:約25分
強:約12分
パワフル:約10分
標準:約25分
強:約12分
パワフル:約10分

CL108FDSHWとCL107FDSHWのバッテリー運転時間には、違いはありませんでした。

更にパワフルモードで10分動いてくれるので、気になる時にさっと使いができます。

(子供の食べた後のお掃除など)

パワフルモードで約10分なので、広いお家の中のお掃除を1回で完了するのは正直難しいと思います。

ただ、別売りの大容量バッテリーを使えばパワフルモードで約27分と長時間の使用ができます!

本体色

CL108FDSHWとCL107FDSHWの本体色はホワイトの1色のみの展開となります。

(掃除機の定番の色であるホワイトですね!)

ちなみに、デザインについては、マキタらしくて好きという好意的な意見が多いようです。

カーペット・畳・フローリングの掃除について

CL108FDSHWとCL107FDSHWの付属品は、フローリング用ヘッドになります。

カーペットや畳などは、毛の中にゴミが入り込んでしまう為、フローリング用ヘッドでは、少々取り除くことが困難です。

別でカーペット向きのノズルが販売しているので、ご自宅の環境に応じて購入することをおススメいたします。

充電方法

CL108FDSHWとCL107FDSHWは、専用充電器が付属品でついてくるのでそれを差し込んで充電が可能です。

また、バッテリーはマキタ共用のものなので、他のマキタのクリーナーや工具にも使用することができます。

別売品

CL108FDSHWとCL107FDSHWは、多くの別売りアタッチメントがあります。

カーペット用のもの、フレキシブルホースなど便利なものがあるので使用環境に合わせて使えるのが良いですね。

また、CL108FDSHWには、サイクロンアタッチメントというものもあります。

CL108FDSHWとCL107FDSHW

これを使用すると少々、本体が重たくなりますが、デメリットである本体の掃除がぐっと楽になるので、おススメです!

スペック比較

CL108FDSHWとCL107FDSHWのスペックの違いを簡単に下に表でまとめて見ました。

モデル CL108FDSHW CL107FDSHW
重さ 1.0kg(バッテリ含む/ノズル・パイプ除く) 1.1kg(バッテリ含む/ノズル・パイプ除く)
集塵方法
(集塵容量)
カプセル式(600ml) 紙パック式(330ml)・ダストバック(500ml)
吸込仕事率 標準:5W
強:20W
パワフル:30W
標準:5W
強:20W
パワフル:32W
充電時間 約22分充電 約22分充電
運転時間 標準:約25分
強:約12分
パワフル:約10分
標準:約25分
強:約12分
パワフル:約10分
付属品 抗菌紙パック(10枚)・ダストバック・ノズル
ストレートパイプ・サッシ用ノズル
プレフィルタ・フィルタノズル
ストレートパイプ・サッシ用ノズル

集塵方法と付属品に違いがありましたが、その他はほぼ同じスペックでした。

次は、ここまでの調査の結果を踏まえて、それぞれの製品がオススメな方をみていきましょう。

CL108FDSHWとCL107FDSHWの選び方!どっちがおすすめ?

CL108FDSHWとCL107FDSHWには、それぞれにメリットとデメリットがあることが分かりました。

では、次は製品の特徴とCL108FDSHWがおススメな方、CL107FDSHWがおススメな方を詳しくご紹介いたします。

CL108FDSHWがおすすめな方

CL108FDSHWをおススメしたいのは、このような方です。

軽くて使いやすい掃除機をお探しの方

マキタ用バッテリーと工具を持っていて、使い回しができる方
掃除機用の紙パックの使用を避けたい方

少しでも本体が軽いものをお探しの方

CL107FDSHWがおすすめな方

CL107FDSHWをおススメしたいのは、このような方です。

  • 軽くて使いやすい掃除機をお探しの方
  • マキタ用バッテリーと工具を持っていて、使い回しができる方
  • なるべく本体のメンテナンスに手間をかけずに本体の使用をしたい方
  • 少しでも吸引力が強いものを使用したい方

CL108FDSHWとCL107FDSHWの違いを確認して、自分の希望に合う製品の購入をすることをオススメします。

CL108FDSHWとCL107FDSHWの口コミ・レビュー

次は、CL108FDSHWとCL107FDSHWの口コミを調べてみました。

人気商品なのでたくさんの口コミがありました。

まずは、好意的な口コミをご紹介します。

  • 軽くて使いやすい!
  • 子供の食べかすを掃除するのにちょうどいい!
  • パッと使いたい時に使える
  • バッテリーが工具用と一緒で使いまわせる
  • デザインが武骨で好き

などがありました。

中には否定的な意見も・・・

  • 吸引力がキャニスター(電源コード式)に比べて弱い
  • 音がうるさい

一部吸引力に対して、否定的な意見もありましたが、好意的な口コミが圧倒的に多いですね。

やはり、軽くてパッと使えるということがお客様の満足度につながっているようです。

サブ機としても、おすすめ出来る製品だと思いました。

CL108FDSHWとCL107FDSHWの違いを比較記事まとめ

今回は、大人気マキタのCL108FDSHWとCL107FDSHWの違いと共通の機能を比較してみました。

マキタのスティッククリーナーは、圧倒的な軽さと、気軽にパッと使える点が人気でした。

また、マキタの工具をお持ちの方は、バッテリーの使い回しが出来るのは、とても便利ですね。

共通で使える付属品が増えると、いつのまにか身の回りの生活家電がマキタのバッテリーで動くものに囲まれるかもしれませんね。(apple製品のように複数の製品をシームレスに使えるようになるかもしれません。)

集塵方式には違いがありましたが、どちらが自分に合ってましたか?

個人的には、紙パック式で使えるCL107FDSHWがいいなと感じました。

(本体のメンテナンスの時間を少しでもカットしたい…)

最後に、軽くて使いやすいスティッククリーナーをお探しの方や2台目のサブクリーナーをお探しの方に、マキタのコードレススティッククリーナー「CL108FDSHW」と「CL107FDSHW」がお勧めですよ!

ぜひ検討してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =