FU-R50とFU-P50の違いを比較!どっちがおすすめ?

FU-R50とFU-P50の違いを比較

この記事では、シャープの空気清浄機、FU-R50とFU-P50の違いを比較していきます。

具体的には発売日価格の違いがあります。

ただ、発売日価格以外の違いはありません

なので、FU-R50とFU-P50は共通する機能が満載です。

共通する機能を深く掘り下げて解説し、記事の終盤ではどちらの機種があなたにおすすめかを解説していきます。

「FU-R50とFU-P50のどちらを購入するか迷っている!」というあなたに向けて、購入するためにあなたの背中を押すことが、この記事の最終目的です。

FU-R50とFU-P50の違いを比較

冒頭のtweetは、FU-P50の写真付きの投稿ですね!

ここでは、FU-R50とFU-P50の違いを比較していきます。

具体的には、発売日の違い価格の違いがあります。

ただ、発売日と価格以外に違いはありません。

詳しく解説していきます。

発売日の違い

発売日は1年ほど開きがあり、FU-R50は2022年9月、FU-P50は2021年9月です。

なので、FU-R50は最新機種になります。

注目

FU-R50は最新機種

見やすいように、発売年月を以下の表にまとめました。

FU-R50FU-P50
発売年月2022年9月2021年9月

ここで勘の良い読者は「1年も発売年月が違うのだから、性能はFU-R50の方が良いのでは?」と疑問を抱くかもしれません。

他の違いについても解説していく中で、疑問を解消していきましょう。

価格の違い

価格はFU-R50の方がFU-P50よりも高いです。

FU-R50の方が新しい機種なので、価格が高くなります。

注目

FU-R50は価格が高い

具体的な価格を以下の表にまとめてみました。

FU-R50FU-P50
価格
(価格.comの最安値)
税込32,000円税込17,880円

FU-R50の方がFU-P50より価格にして税込14,120円、倍率にして約1.79倍も値段が高いです。

発売日と価格以外の違いはない

価格がFU-R50の方がFU-P50より高いということは、FU-R50の方がハイスペックだと思うかもしれません。

しかし、違います。

FU-R50とFU-P50は発売日と価格以外に違いがないです。

違いがない理由は、開発元のシャープの公式サイトが公言しているからです。

FU-R50(2022年発売)とFU-P50(2021年発売)は、発売年の違いのみで、仕様の違いはありません。

引用元:シャープ公式サイト

つまり発売年に違いがあり、発売年の違いから価格の違いが出たことになります。

要は、FU-R50は最新機種、FU-P50は型落ちというだけで、スペックの違いはありません

注目

FU-R50とFU-P50はスペックの違いはない

FU-R50とFU-P50に共通する機能

冒頭のtweetで、FU-P50の寸法がわかる写真が投稿されています。

ここでは、寸法を含め、電気代適用床面積フィルタープラズマクラスターといったFU-R50とFU-P50に共通する機能などを解説していきます。

寸法

FU-R50とFU-P50の寸法は以下の通りです。

FU-R50FU-P50
寸法幅 383mm
奥行 209mm
高さ 540mm
幅 383mm
奥行 209mm
高さ 540mm

FU-R50とFU-P50の寸法は同じです。

なので、FU-R50とFU-P50のどちらかを選ぶだけであれば、寸法の違いは考えなくてよいでしょう。

幅が383mm(38.3cm)奥行が209mm(20.9cm)です。

例えば、ワイド型の17インチのモニターが37.6cm×21.2cmなので、17インチのモニターを倒して床に置くことができれば、FU-R50とFU-P50のどちらも置くことができます。

電気代

FU-R50とFU-P50のどちらの機種も電気代は安いです。

FU-R50とFU-P50の電気代を以下の表にまとめてみました。

強運転中運転静運転
1日の電気代
(1日24時間使用)
約32円約8.4円約1.7円
1ヶ月の電気代
(1ヶ月720時間使用)
約960円約252円約51円

静運転で使用すれば、1日中付けっぱなしにして1ヶ月使用しても約51円の電気代で済みます。

適用床面積

FU-R50とFU-P50の適用床面積はプラズマクラスターを使用した場合は約14畳空気清浄機だけでは約23畳まで使えます。

人によって使用する部屋は違いますが、例えば、家族で暮らしている場合は14畳から23畳くらいが一般的なリビングの広さです。

「家族で14畳から23畳の部屋で暮らしている」という場合には、FU-R50とFU-P50の両機種とも活躍できるでしょう。

稼働音

シャープの公式サイトから引用すると、稼働音は以下の通りです。

強運転中運転静運転
稼働音52dB40dB21dB

20dBで、木の葉の触れ合う音くらいの大きさ

40dBで、図書館内の音くらいの大きさ

50dBは、エアコンの室外機ほどの音の大きさ

なので、強運転で使用すると若干稼働音が大きいかもしれません。

ただ、静運転と中運転の場合には比較的静かな稼働音で使用できるので、普段は静運転と中運転で使用することをおすすめします。

プラズマクラスター

プラズマクラスター付き空気清浄機はアレルギー対策にも有効です。

プラズマクラスター付き空気清浄機は花粉やホコリなど、微細な粒子の働きを抑制してくれるからです。

FU-R50とFU-P50はプラズマクラスターを搭載した空気清浄機なので、アレルギー対策にも有効です。

「アレルギー対策をしたい」と考えている場合には、FU-R50とFU-P50の両機種とも活躍してくれます。

FU-R50とFU-P50の使用スペック一覧

冒頭のtweetは、FU-P50がプラズマクラスター7000を搭載していることを投稿しています。

ここでは、FU-R50とFU-P50の使用スペック一覧を示します。

使用スペック一覧を以下の表にまとめてみました。

FU-R50FU-P50
発売年月2022年9月2021年9月
1日の電気代
(1日24時間使用)
弱運転 約1.7円
中運転 約8.4円
強運転 約32円
弱運転 約1.7円
中運転 約8.4円
強運転 約32円
寸法幅 383mm
奥行 209mm
高さ 540mm
幅 383mm
奥行 209mm
高さ 540mm
稼働音弱運転 52dB
中運転 40dB
強運転 21dB
弱運転 52dB
中運転 40dB
強運転 21dB
プラズマクラスタープラズマクラスター7000搭載プラズマクラスター7000搭載
価格
(価格.comの最安値)
税込32,000円税込17,880円

使用スペック一覧を見ても、発売年月と価格以外にはFU-R50とFU-P50の違いはありません。

次に、FU-R50とFU-P50のどちらを選べば良いかを解説していきます。

FU-R50とFU-P50の選び方!おすすめな人とは

冒頭のtweetで投稿者さんは、シャープの型落ちの空気清浄機の購入を検討しています。

FU-R50とFU-P50の違いは最新機種か型落ちかというだけです。

ここでは、FU-R50とFU-P50の選び方を解説していきます。

FU-R50がおすすめな人

FU-R50がおすすめな人は、最新機種が欲しい人です。

注目

最新機種が欲しい人はFU-R50がおすすめ!

FU-R50は2022年9月に発売された機種です。

2022年12月現在でもシャープの空気清浄機の中でかなり新しい機種になります。

「金銭的に余裕があり、最新機種が欲しい!」というあなたにはFU-R50をおすすめします!

FU-P50がおすすめな人

FU-P50がおすすめな人は、安くて高性能な空気清浄機が欲しい人です。

注目

安くて高性能な空気清浄機が欲しい人はFU-P50がおすすめ!

FU-P50は低価格です。

なぜなら、発売年月が2021年であり、最新機種の型落ちという位置づけだからです。

「型落ちでも、高性能な空気清浄機が欲しい!」というあなたにはFU-P50をおすすめします!

FU-R50とFU-P50の口コミ・レビューを比較

冒頭のtweetは、FU-P50を買った人の口コミです。

「部屋の匂いがほぼ消えてびっくりしています。」と口コミしていますね!

ここでは、FU-R50とFU-P50の口コミ・レビューを比較していきます。

FU-R50とFU-P50の口コミ

FU-R50は新しい機種で、まだネット上には口コミがありませんでした。

しかし、FU-R50もFU-P50も発売年月と価格以外に差はありません。

なので、発売年月が古いFU-P50のレビューを見ていきます。

FU-P50はネット上に以下のような口コミがありました。

FU-P50の口コミ
  • 汚れた空気を感知すると大きな音がする
  • サイズがコンパクト

特に、大きな音がする点が悪い口コミとして見られました。

FU-R50とFU-P50の両機種とも、強運転で52dBの稼働音がします。

なので、稼働音が大きいという口コミも頷けます。

しかし、中運転で40dB、静運転で21dBと稼働音は小さいです。

「大きい音がするなら購入は控えておこうかな…」と考えているあなたはもったいないです。

中運転と静運転で普段使いをして、本当に必要な場合には強運転で稼働させる。

強、中、静運転を使い分ければ、生活に支障があるほどの稼働音は発しません!

次に、サイズがコンパクトであることが良い口コミとして見られました。

FU-R50とFU-P50の両機種とも、17インチのワイドテレビを倒したくらいのスペースしか取りません。

なので「コンパクトな空気清浄機が欲しいな」と考えている場合はFU-R50とFU-P50の両機種ともおすすめになります。

FU-R50とFU-P50の違いを比較記事まとめ

この記事では、FU-R50とFU-P50の違いを比較してきました。

まとめると以下の通りです。

  • FU-R50は最新機種
  • FU-R50は価格が高い
  • FU-R50とFU-P50はスペックの違いはない
  • FU-R50とFU-P50の違いは発売年月と価格だけ
  • FU-R50とFU-P50のどちらの機種も電気代は安い
  • 最新機種が欲しい人はFU-R50がおすすめ
  • 安くて高性能な空気清浄機が欲しい人はFU-P50がおすすめ

新型コロナウイルスなどの感染症対策にも空気清浄機は有効です。

この記事で紹介したFU-R50とFU-P50も、もちろんウイルス対策にも有効な空気清浄機です。

花粉やホコリのアレルギー対策にもなります。

是非、購入を検討してみてください。

清潔な空気で快適な生活が送れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 + seven =