KI-RX100とKI-PX100の違いを比較!どっちがおすすめ?

KI-RX100のKI-PX100の違い


シャープが誇るKIシリーズの空気清浄機の中の2つ。

KI-RX100のKI-PX100の2つは高性能な加湿器付きの空気清浄機として販売されています。

この記事では「KI-RX100のKI-PX100の違いを比較!どっちがおすすめ?」と題しまして、KI-RX100のKI-PX100の違いを比較をしていきます。

どの加湿器付き空気清浄機を買うべきか?

KI-RX100のKI-PX100のどちらを買うべきか?

これらの悩みを解消することがこの記事の目的です!

自分のお部屋の空気を十分に、加湿、清浄し、清潔な空間を保ちましょう!

KI-RX100とKI-PX100の違いを比較

KI-RX100とKI-PX100の違いを比較
引用:SHARP シャープ株式会社 製品情報

KI-RX100とKI-PX100の違いは何でしょうか?

KI-RX100とKI-PX100とも空気清浄機と加湿器の機能はあります。

最初に、価格.comで調べてみてわかったことが1つあります。

価格の違い

価格.comで調べてわかったのは、価格の違いです。

2022年10月更新の価格ドットコムで調べると…

  • KI-RX100 価格107,471円
  • KI-PX100 価格79,500円

価格に差がありますね!

KI-RX100の方がKI-PX100に比べて、価格が高いです。

「じゃあ、KI-RX100の方がKI-PX100より高性能じゃないの!?だって価格がKI-RX100の方が高いから!」

というのは、自然な考えです。

でも、KI-RX100とKI-PX100の両方とも、プラズマクラスターNEXTというシャープ最高峰の機能が付いています。

プラズマクラスターというのは、シャープが空気清浄機のために特許を取っている機能です。

空気清浄機の機能のプラズマクラスターについての違いは、KI-RX100とKI-PX100にはありません。

「じゃあ、加湿機能の違いじゃないの!?」

と考えてみましょう。

実は、KI-RX100とKI-PX100とも1時間あたり水分量1,000mlの加湿をする機能があります。

加湿器の機能の違いはKI-RX100とKI-PX100にはありません。

「え?じゃあ価格の違い以外に何の違いがあるの?」

その疑問はごもっとも。

KI-RX100とKI-PX100の価格の違いの要因は何か?

理由はたった1つです。

発売日の違い

そう、KI-RX100とKI-PX100の違いで、唯一の違いが発売日です。

  • KI-RX100 2022年 9月8日 発売
  • KI-PX100 2022年 1月14日 発売

「あれ?発売日が半年以上離れてるけど…もしかして型落ちがKI-PX100最新型がKI-RX100ってこと??」

その通りです。

型落ちがKI-PX100最新型がKI-RX100」ということ以外は違いがありません。

でも、「最新型のKI-RX100に新しい機能が追加されたのでは??」という不安がありました。

検索すると、KI-PX100がCOCORO VOICE 対応機種じゃないとされる記事があります。

ただ、それは誤りです。

KI-RX100とKI-PX100は両機種ともCOCORO VOICE 対応機種です。

実際に、「COCORO VOICE 対応」でGoogle検索してみると、jp.sharp/supportがヒットします。

そこは、シャープのサポート内容が記載されているのですが、COCORO VOICEの欄を見てみると、

公式サイトにKI-RX100とKI-PX100の両機種とも、
COCORO VOICEに掲載されています!!

よって、唯一の違いは「発売日の違い」ということになります。

要するに、型落ちがKI-PX100最新型がKI-RX100です。

KI-RX100とKI-PX100に共通する機能

ここまで読んでくれた方はもうわかると思います。

KI-RX100とKI-PX100は全く同じ機能が付いています。

売りとしている機能は、プラズマクラスターNEXTというプラズマクラスターの中でも最高峰の機能でしょう。

プラズマクラスターNEXTは、KI-RX100とKI-PX100の両機種とも約23畳の部屋に対応しています。

なので、ご家庭で使うとリビングであれば大体はプラズマクラスターNEXTの守備範囲と言えるでしょう。

空気清浄機なので、待合室会議室などでも使用すると効果的と思われます。

具体的に表にまとめてみましょう。

表は主な仕様の抜粋です。

KI-RX100KI-PX100
浄化方式「プラズマクラスターNEXT」空中浄化&フィルター浄化「プラズマクラスターNEXT」空中浄化&フィルター浄化
プラズマクラスター適用床面積※1(目安)約23畳(約38m²)約23畳(約38m²)
加湿能力最大 1,000mL/h最大 1,000mL/h
水タンク容量約4.3L約4.3L
外形寸法幅427mm×奥行345mm×高さ700mm幅427mm×奥行345mm×高さ700mm
質量16kg16kg
電源コード長さ2.0m2.0m
空気清浄適用床面積(目安)~46畳(76m²)~46畳(76m²)
引用:KI-RX100 | 空気清浄機 – シャープ、KI-PX100 | 空気清浄機 – シャープ

KI-RX100とKI-PX100の使用スペック一覧

KI-RX100とKI-PX100の両機種は、どちらも同じスペックです。

基本仕様、空気清浄、加湿は共通したスペックをもっています。

プラズマクラスターNEXTは、KI-RX100とKI-PX100の両機種とも約23畳の部屋に対応しています。

水タンク容量も4.3Lと大容量です。

加湿器は大体5Lの容量で加湿能力が1,000mL/hであれば、6時間ほどは持つと言われています。

そのためKI-RX100とKI-PX100の両機種ともに大体6時間弱の加湿器の持続時間があると言えます。

例えばKI-RX100とKI-PX100の職場での使用を考えてみましょう。

6時間弱の持続時間があれば、朝に1回水を入れて、昼間に1回水を入れれば、問題なく持続して加湿器を使用することができます。

KI-RX100とKI-PX100の選び方!おすすめな人とは

ここまで、KI-RX100とKI-PX100の両機種の仕様やスペックを見てきました。

では、実際にどのような人におすすめなのでしょうか?

具体的には、KI-RX100とKI-PX100の両機種のおすすめする対象は価格帯を基準です。

なぜなら、KI-RX100とKI-PX100の両機種の違いは価格以外にないからです。

KI-RX100がおすすめな人

KI-RX100がおすすめな人は、「最新機種の空気清浄機が欲しい」という人です!

KI-RX100はKIシリーズの最新機種で大容量モデルです。

価格は価格.comで10万円ほどします。

一般的な家庭の空気清浄機に比べたら、かなり高い方ですね。

  • 「うちの会社の会議室で使える、一番最新の空気清浄機はどれ?」
  • 「町医者の受付で最新の空気清浄機を使おうかな?」

といった人におすすめです!

KI-PX100がおすすめな人

KI-PX100は「低価格でも高性能な空気清浄機が欲しい」という人におすすめです!

KI-PX100は、型落ちのモデルになります。

Twitterにもありますが、バーゲンなども家電量販店で行っています。

  • 「超高性能な空気清浄機を安く買いたい!」
  • 「型落ちでもいいから、超高性能な空気清浄機が欲しい!」

こういった思いを持っている人はKI-PX100をおすすめします!

KIシリーズの口コミ・レビュー

KIシリーズは、空気清浄機の中でも高性能なシリーズです。

口コミはどうでしょうか?

価格.comのレビューを見てみましょう。

  • かなり静かになり、性能も満足の商品でした。
  • 消臭剤を使っても消臭できず…でもKIシリーズははっきり言って恐ろしいほどにおいが取れます。

口コミ・レビューを見ると、さすが高性能空気清浄機。

静音で臭い取りにも適した素晴らしい製品です。

KI-RX100とKI-PX100の違いを比較記事まとめ

ここまでKI-RX100とKI-PX100の違いを比較した記事を書いてきました。

まとめとして、以下のことが言えます。

  • KI-RX100は最新機種の空気清浄機
  • KI-PX100は型落ちの空気清浄機
  • KI-PX100の方が型落ちなので、KI-RX100よりも価格が安い
  • どちらの製品も同等のスペックがある

高性能な空気清浄機の購入を考えている方へ。

本記事がその思いのひと助けになることを願います。

以上、KI-RX100とKI-PX100の違いを比較記事でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

19 + 4 =