TS3530と旧型TS3330の違いを徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ? 

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?

2022年3月にキヤノンのPIXUS複合機シンプルモデルの新型が発売されました!

こちらではPIXUS複合機の新型TS3530を、旧型TS3330との違いの比較や共通点を通じて、ご紹介します。

プリンタやスキャナの基本的なスペックはあまり変わっていません。

ですが、スマホとの連携がより強化され、より一層使いやすくなっています!

先にひとつお伝えしていきますが、旧型のTS3330は終売となっているお店が多くなっています。

おそらくTS3330は激安投げ売り状態のような価格で販売されているのではないかと…。

なので今から買うとすれば、TS3530がほとんどということになってしまうんです。

なお、新型TS3530の販売価格は

ヤマダウェブコムAmazon.comEDIONネットショップヨドバシ.com
7,920円(税込)8,000円(税込)8,019円(税込)8,800円(税込)
(価格は各ショップのTS3530販売ページより。2022年10月22日現在)

と、8,000円台が多くなっています。

それではPIXUS新型TS3530と旧型TS3330の違いを比較していきましょう!

TS3530と旧型TS3330の違いを比較しました!

それではまず、新型TS3530と旧型TS3330の外観はこちらです。

最初に新型TS3530から。

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?
(画像引用:CANON 各商品ホームページより)

つぎに旧型TS3330がこちらです。

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?
(画像引用:CANON 各商品ホームページより)

光の当たり方にも左右されますが、ホワイトが少し落ち着きのある色味になった印象ですね。

とはいえ、ほぼ変わらないといっても差し支えはないでしょう。

それでは、機能面の違いについてご紹介しましょう!

違いは4つありますので、ひとつひとつ説明していきますね。

使用インクを変更!互換インクは?

使用するインクが変更されました。

プリンタと言えば、気になるのは印刷コストですよね。

そこで新型TS3530と旧型TS3330で使用しているインクの価格を表にしています。

CanonAmazonヤマダウェブコムヨドバシ.com
モノクロ通常
BC-3451,980円(税込)1,800円(税込)1,881円(税込)1,980円(税込)
BC-3652,090円(税込)1,900円(税込)2,090円(税込)2,090円(税込)
モノクロ大容量
BC-345XL2,910円(税込)2,639円(税込)2,613円(税込)2,910円(税込)
BC-365XL3,080円(税込)2,745円(税込)3,020円(税込)3,020円(税込)
カラー通常
BC-3462,220円(税込)2,015円(税込)2,016円(税込)2,220円(税込)
BC-3662,310円(税込)2,100円(税込)2,310円(税込)2,310円(税込)
カラー大容量
BC-346XL2,670円(税込)2,423円(税込)2,399円(税込)2,670円(税込)
BC-366XL2,970円(税込)2,700円(税込)2,970円(税込)2,970円(税込)
(価格はCanonオンラインショップ、Amazon、ヤマダウェブコム、ヨドバシ.comより。2022年10月22日現在)

キヤノン発表の印刷コストは新型TS3530は33.4円、TS3330は31円となっています。

ちなみにキヤノン複合型の最上位機種であるXK500の印刷コストは10.8円です。

シンプルで低価格なモデルのお悩みとして、印刷コストは避けて通れません…。

そんな互換インクですが、現在販売されているのは旧型TS3330に対応したもののみでした。

インクのチップス

エコリカ

さらにどちらも在庫切れが始まっており、終売が近いようです。

トークプリント対応!

新型TS3530から、「トークプリント機能」が対応となりました!

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?
(画像引用:CANON プリンタ機能紹介ページより)

トークプリントなら、スマホアプリの『LINE』や『Messenger』を利用して印刷できます!

写真だけでなく、文書ファイルも印刷できるので、プリンタがより身近に感じられますよ!

消費電力と動作音量が改善!

新型TS3530は旧型TS3330に比べて、消費電力と動作音量が改善されました!

(新)TS3530(旧)TS3330
消費電力8W11W
自動電源ONありあり
自動電源OFFなしあり
動作音48db53.5db
(データ引用:CANON 各商品ホームページより)

とくに動作音量は約1割の5db減となりましたね!

新型TS3530が『無理しない普通の声』だとすると、旧型3330は『張り上げたような声』くらいになります。

数字で見る以上に、動作音の低減を感じて頂けると思います!

TS3530と旧型TS3330に共通する機能 

最初にもお伝えしたようにプリンタやスキャナとしての基本的な使用はほぼ変わっていません。

ちょっとめんどくさい印刷を、より手軽に行えるようにすることがシンプルモデルの一番の役割です。

ここでは新型TS3530や旧型TS3330に共通する機能をご紹介します!

カンタン操作でスマホと連携!より印刷が楽しく!

キヤノンが提供するスマホアプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使用して、スマホのデータを印刷できます!

写真はもちろん、PDFやOffice書類、Webページも印刷が可能です。

なんと「PIXUSクラウドリンク」で「Facebook」や「Dropbox」「GoogleDrive」のデータも印刷可能!

逆にスキャンしたデータをスマホに転送することもできます!

その他にもスマホアプリとして

  • 写真加工ができる「Easy-Photo Print Editer」
  • プリントコンテンツを利用できる「Creative Parkアプリ」

が用意されています!

今回紹介したアプリは、iOSとAndroidに対応しています。

なのでPCがなくても、充分に使いこなせるように作られていますよ!

Wi-Fiからの印刷なら、自動で電源オン! 

スマホやパソコンから印刷しても、電源が入っていないからエラーになってがっかりした覚えはないですか?

PIXUSは印刷指示を受け取って、自動で電源オンできるようになっています。

先述の「PIXUSクラウドリンク」からの印刷指示でもちゃんと電源オン!

初期設定で「自動電源オン」を有効にする必要がありますので、お気をつけください!

顔料黒インクでくっきりにじみにくい! 

カラーインクは染料を使っているので、じんわり染まって繊細なグラデーションを表現します。

黒インクには顔料を使用し、用紙に張り付いてにじむことなくはっきりと文字や線を描きます!

だからメリハリある印刷を楽しむことができますよ!

TS3530と旧型TS3330の主要スペック一覧 

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?
(画像引用:CANON 各商品ホームページより)

ここまで新型TS3530と旧型TS3330の違いと共通点をご紹介してきました。

ここでは、新型TS3530と旧型TS3330のスペックを一覧にしましたので、ご確認ください。

基本スペックの一覧です。

(新)TS3530(旧)TS3330
タイプ複合機複合機
接続方法USB2.0
Wi-fi
USB2.0
Wi-fi
Wi-fi対応IEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
スマホ対応ありあり
スマートスピーカー対応ありあり
AirPrint対応ありあり
Wi-fi Direct対応ありあり
NFC対応なしなし
トークプリントありなし
クラウドプリントPIXUSクラウドプリンタPIXUSクラウドプリンタ
カラーリングホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
液晶モニタ1.5型モノクロ1.5型モノクロ
消費電力8W11W
自動電源ONありあり
自動電源OFFなしあり
動作音48db53.5db
幅×高さ×奥行435×145×327 mm435×145×316 mm
重さ4.0 kg3.9 kg
(データ引用:CANON 各商品ホームページより)

プリンタとスキャナのスペックの一覧です。

プリンタ解像度4800×1200 dpi4800×1200 dpi
インクタイプカートリッジ式カートリッジ式
インク種類染料+顔料染料+顔料
インク色数4色4色
カラー印刷速度4枚/分4枚/分
モノクロ印刷速度7.7枚/分7.7枚/分
印刷コスト33.4円31円
最大用紙サイズA4A4
給紙トレイ背面背面
最大給紙(普通紙)60枚60枚
最大給紙(ハガキ)20枚20枚
ネットワーク印刷ありあり
フチなし印刷ありあり
スキャナ解像度600dpi×1200dpi600dpi×1200dpi
(データ引用:CANON 各商品ホームページより)

TS3530と旧型TS3330の選び方!おすすめな人とは 

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?
(画像引用:CANON 各商品ホームページより)

これまでPIXUS複合機の新型TS3530と旧型TS3330の違いや共通点をご紹介してきました。

その結果を踏まえて、新型TS3530と旧型TS3330それぞれにおすすめできる方をお伝えします!

TS3330がおすすめな人 

  • 印刷コストを安くしたい人!
  • 設置スペースが少しでも小さい方がいい人!

どうしても純正インクは高くて気になってしまいますよね…。

旧型TS3330のおすすめできる点は、なんといっても印刷コスト。

2022年10月現在ではTS3330のみ、互換インクが販売されています。

印刷のクオリティは多少落ちてしまいますが、ちょっとした文書印刷やコピーなら十分使えます!

奥行きが新型TS3530と比べて1cmほど短いこともおすすめポイント!

プリンタのサイズは、高さや幅よりも奥行きで苦しむことが多いんですよね。

棚の奥行きが足りずに板を追加しないといけなかったり。

普通に置けても給紙が後ろにあるから、その分奥行きスペースを取られたり。

少しでも小さい方が、設置に困ることがないですよ!

TS3530がおすすめな人 

  • より手軽に、ささっと印刷を楽しみたい人!

最初の設定ができたら、印刷したい写真を『LINE』や『Messenger』から印刷できる「トークプリント」。

この機能を利用して、おでかけあとの写真をご自宅でみんなで楽しむことができます!

アルバムやフォトスタンドに飾っておけば、いつでも楽しい記憶が蘇りますよ!

PIXUS TS3000シリーズの口コミ・レビュー

新型TS3530と旧型TS3330の違い徹底比較!インクは?使いやすさは?どちらがおすすめ?
(画像引用:CANON 各商品ホームページより)

それでは、実際にお使いの方はどのような感想をお持ちなのでしょうか。

ネットのクチコミをまとめました!

うれしいクチコミ!

  • コピーができて、テキストの印刷ができれば充分だったので、ちょうどいいプリンタです!
  • モノクロはきれいなので、カラーインクの代わりに黒インクを装填できるようになったらうれしいかも!
  • 学校からのプリントをスキャンして、タブレットで確認できるようにしたら、とっても便利でした!

ちょっとした印刷で使うので満足している!という方が多いです。

プリンタよりスキャナをメインで使うようになった方もおられ、複合機の強みが発揮されていますね!

きびしいクチコミ…

  • 純正インクが高すぎます。インク4つ買ったら本体代超えるって、どういう事なんでしょう?
  • とても軽くてプラスチックでできているからか、結構うるさいです。
  • コピーができてスマホからも印刷できて便利ですが、Wi-fiの設定や安定性に難があります。

プリンタインク問題!ありますよね!

これを解決するには、自分がどのくらいプリンタを使うのかを把握することが一番重要だと思います!

特にTS3330やTS3530のような本体代が安いモデルは、印刷コストが高くなりますよね。

なので時々コピーや仕事の書類作りで必要な方に向いています。

写真をきれいに印刷したい!とか、一度に十数枚印刷するなら、印刷コストに目を向けるのもいいですね。

TS3530と旧型TS3330の違いを比較記事まとめ

TS3330や新型TS3530のスペックは、印刷の機会があまりない方に向いています。

手軽に買えて、手軽に使えて、インクは少し高いけれど交換頻度が年に1〜2回程度が目安の方ですね。

そこまで頻繁に使うものでなければ本体が安いものを選ぶのもひとつです。

インク代は高いですが、スマホに残しているお気に入りの写真を印刷して、お部屋に飾るのも楽しいですよ。

PIXUSなら、Wi-fiで繋げばスマホだけで印刷することができます。

そのための準備はプリンタをコンセントに繋いで、Wi-fiの設定をするだけ。

コンセントさえあればどこにでも置けるので、場所の心配もいりませんね!

かわいい写真立てに入れてお部屋に飾れば、インテリアにもプラス!

お部屋をお気に入りの写真で飾る、楽しい暮らしのお供にPIXUSのTS3330、TS3530はいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

four × 1 =