JPI-S100の口コミや評判レビューは?静音性やお手入れ方法は?

JPI-S100の口コミや評判レビュー

この記事では、タイガーの炊飯ジャーのJPI-S100の口コミや評判レビューについて解説します。

商品を購入した人の意見として、良い口コミだけではなく悪い口コミも当然あります。

この記事では、JPI-S100の良い口コミと悪い口コミの両方を紹介して解説していきます。

また、JPI-S100について

  • 電気代は高いのか?
  • 稼働音はうるさいのか?
  • 交換時期はいつなのか?
  • お手入れ方法はどうすればよいのか?

を解説します。

最後にJPI-S100の特徴を6つ紹介しますので、JPI-S100の購入を検討しているあなたにとって、この記事は参考になると思います。

JPI-S100の口コミや評判レビュー!

冒頭のtweetは、JPI-G100の写真付きの投稿ですね!

この記事ではJPI-G100の上位モデルであるJPI-S100について解説していきます。

JPI-S100は最新機種であり、投稿の少なさからTwitterで写真を見つけることができませんでした。

なので、型落ちのJPI-G100の写真を冒頭で紹介しました。

JPI-S100は最新機種なので、口コミも少ないです。

ただ、少ない口コミの中から悪い口コミと良い口コミを調査してまとめましたので、是非参考にしてみてください!

JPI-S100の悪い口コミ

冒頭のtweetは、タイガーの炊飯ジャーの稼働音がうるさいという悪い口コミの投稿です。

実際に、炊飯ジャーは安い機種を選べば稼働音がうるさいかもしれません。

しかし、口コミを見るとJPI-S100は稼働音は静かであることが書かれていました。

冒頭のtweetの稼働音がうるさいという口コミは、JPI-S100には当てはまらないです。

JPI-S100の悪い口コミをもっと深く調査してみると、以下のような書き込みがありました。

黒のデザインのモデルは価格が高い

たった1つだけ、黒のデザインのモデルは価格が高いことが口コミとして書かれていました。

JPI-S100は色が白と黒の2種類です。

なので黒の方が人気があり、価格が高くなった可能性があります。

「黒色のモデルがいい!」と考えているあなたが購入する際は、価格が高くなる可能性があるので、注意が必要です。

JPI-S100の良い口コミ

冒頭のtweetは、JPI-G100(JPI-S100の型落ち)の性能が良いことをリプしている様子です!

性能として、

  • 9層の多層鍋
  • よい素材のコーティング
  • お手入れしやすい

などが紹介されています。

ここでは、JPI-S100の良い口コミを紹介します。

稼働音が静か

まず、JPI-S100は稼働音が静かであることが良い口コミとして書かれていました。

タイガーのスペック一覧に稼働音の項目がないので、どれくらいの稼働音がするのか数字ではわかりません。

ただ購入した人からすると、JPI-S100は稼働音が静かであることでストレスフリーで生活できるとのことでした。

お手入れがしやすい

次に、JPI-S100はお手入れがしやすいという口コミがありました。

JPI-S100は内窯がそこまで重くないこと、食洗器でも洗浄できること、水蒸気が出る器具が簡単に外せることでお手入れがしやすいとのことです。

JPI-S100の電気代はいくら?

冒頭のtweetは、昨今の石油価格高騰をうけて炊飯器の電気代を気にしている人の投稿です。

結論から言うと、JPI-S100の電気代は年に1,319円から1,491円の間のどこかに落ち着きます。

理由を説明しましょう。

まず、JPI-S100の年間の消費電力は87.5kWhです。

注目

JPI-S100の消費電力は87.5kWh/年

ここで東京電力エナジーパートナーが公表している数字を当てはめます。

料金(1kWh)
電気代(夏季)17.037円
電気代(夏季以外)15.080円

夏季の場合は87.5kWh/年×17.037円=1,319円

夏季以外の場合は87.5kWh×15.080円=1,491円

なので、年に1,319円から1,491円の間のどこかに落ち着くのです。

注目

JPI-S100の電気代は年に1,319円から1,491円の間

ちなみに、JPI-S100の1回の炊飯にかかる電力が171hWで、1時間の保温にかかる電力が17.2Whです。

例えば、12時間保温する場合は17.2Whに12時間をかけて、206.4W(12時間あたり)になります。

1ヶ月で換算すると、1日206.4W消費すれば、30日をかけて6,192W(6.192kW)になります。

夏季の場合、17.037円×6.192kW=107円になります。

つまり、1日12時間保温を1ヶ月続けても月107円にしかならないのです。

ここで冒頭のtweetをもう一度見てみましょう。

上のtweetに対するあなたの回答として、

「基本的に1年間の消費電力はJPI-S100の場合、年に1,319円から1,491円の間ですよ!保温を毎日12時間続けても、1ヶ月107円なので、甘酒1缶よりも安いですよ!」

とリプしてあげられれば親切かもしれませんね!

JPI-S100の音はうるさい?

冒頭のtweetは、炊飯器の稼働音が大きくて目が覚めてしまった人の投稿です。

調べてみると、炊飯器は安いものでは稼働音が大きい、つまりうるさいという口コミもあります。

残念ながら、JPI-S100の稼働音についてタイガーの公式サイトでは詳細な数字の情報が得られませんでした。

ただ、口コミで稼働音についての書き込みがありましたので、参照します。

稼働音が静か

ひとこと、稼働音が静かであることが口コミに書かれていました。

JPI-S100を購入して使用した人の感想として、稼働音が静かと書かれていたので、間違いなく静かに炊飯してくれると考えられます。

注目

JPI-S100の稼働音は静か

JPI-S100の交換時期はいつ?費用はいくら?

冒頭のtweetは、炊飯ジャーの内窯が剥げてきてしまった人の投稿です。

内窯が剥げてしまった際に、内窯だけ交換することもできます。

炊飯ジャーは6年から10年が交換時期の目安です。

注目

JPI-S100の交換時期は6年から10年

理由はタイガーの公式サイトの言葉を見ればわかります。

炊飯器の場合、経済産業省の指導により補修用性能部品の保有期間(修理するための部品を保有しておく期間)は、製造を終了してから6年と定められています 。

タイガー魔法瓶では独自のサービスとして、2019年5月30日よりこの期間を10年に延長しました。

生産が終了したモデルでも、生産終了日から10年間は修理が可能です。

保有期間が長く設定されているので、長く大事に使いたいと考えておられる方におすすめです。

引用元:炊飯器の買い替え時期はいつ?故障・寿命のサインとは

要するに、国が

「6年間は修理部品を提供してね!でもタイガーは特別に10年間提供していいよ!」

と言っているわけです。

なので、大体6年から10年が買い替えの目安です。

ここで冒頭のtweetを見てみましょう。

上のtweetに対するあなたの回答として、

「6年間の保証期間にギリギリ間に合いましたね!タイガーは10年間部品交換をしてくれるので、10年たったら買い替えした方がいいかもしれませんね!」

とリプしてあげられれば、楽しい会話が続けられるかもしれませんね!

JPI-S100の掃除は簡単?お手入れ方法について

冒頭のtweetは、炊飯ジャーのお手入れが面倒な人が、炊飯ジャーではなくフライパンでお米を炊き始めたことを投稿しています。

実際、炊飯ジャーの掃除・洗浄がめんどうで捨ててしまう人もいるのですね。

ただ、JPI-S100の掃除・洗浄は簡単です!

口コミから参照すると、JPI-S100は内窯がそこまで重くないこと、食洗器でも洗浄できること、水蒸気が出る器具が簡単に外せることで掃除・洗浄が簡単に行えることがわかります。

注目

JPI-S100の掃除・洗浄は簡単

フライパンよりも簡単にお米が炊けるJPI-S100をおすすめします!

JPI-S100の特長や機能は?

ここでは、JPI-S100の特徴と概要について解説します。

JPI-S100の特徴的な機能として、

  • ご泡火炊き
  • 少量旨火(うまび)炊き
  • 圧力洗浄コース
  • 底面泡立ち加工
  • 大型クリア液晶
  • 可変W圧力炊き

の6つがあります。

それぞれ解説していきましょう。

ご泡火炊き

冒頭のtweetは、JPI-G100(JPI-S100の型落ち)を使用した人の感想です。

「米の一粒が違います」

「甘みもあり美味しい」

と口コミをしています。

JPI-S100のご泡火炊きは、内窯が9層土鍋かまどコートになっており、土鍋に近い炊き加減でお米を炊いてくれます。

なので、JPI-S100はお米の炊き加減が土鍋並みに良いことが特徴です。

注目

JPI-S100はお米の炊き加減が土鍋並みに良い

少量旨火(うまび)炊き

冒頭のtweetは、少量旨火(うまび)炊きについての投稿ですね。

少量旨火(うまび)炊きは、少し低めの温度でお米を炊いた後に急速に温度を上げることでお米の甘みを引き出す炊き方です。

弾力のあるふっくらしたお米が炊けることが特徴です。

注目

JPI-S100で炊いたお米は弾力があり、ふっくら

圧力洗浄コース

冒頭のtweetでは、圧力洗浄コースが紹介されています。

JPI-S100の圧力洗浄コースは、高温の水蒸気で内鍋を洗浄する機能です。

約29分で洗浄が完了するので、炊飯ジャーを清潔に保ちたいあなたにはおすすめの機能です。

掃除・洗浄するのに便利な機能です。

注目

JPI-S100は圧力洗浄コースで清掃・洗浄が簡単

底面泡立ち加工

JPI-S100は炊き上がりをふっくらさせるために、内窯に底面泡立ち加工がされています。

内鍋の表面積をアップさせて、泡立ちを良くする加工です。

底面泡立ち加工をすることにより、沸騰する際の対流を強化して土鍋に迫るふっくらした炊き上がりを実現するのです。

注目

JPI-S100は底面泡立ち加工で炊き上がりがふっくら

大型クリア液晶

冒頭のtweetは、JPI-G100(JPI-S100の型落ち)の写真付きの投稿です。

写真から液晶が大きいことがわかります。

JPI-S100は大型クリア液晶を搭載しています。

大型クリア液晶は視認性が高い液晶です。

「最近、老眼で細かい字が見えない…」と困っているあなたには、親切な設計になっています。

老眼が気になるあなたにもおすすめの商品がJPI-S100です。

注目

JPI-S100は大型クリア液晶で老眼でも安心

可変W圧力炊き

冒頭のtweetは、ビックカメラがJPI-G100(JPI-S100の型落ち)の機能として可変W圧力炊きを推している投稿です。

JPI-S100の可変W圧力炊きは、お米を炊くための圧力を制御してくれる機能です。

JPI-S100は大小の圧力を制御して、炊き上げ時に約1.25気圧のかけることで弾力のあるお米を炊き上げてくれます。

注目

JPI-S100はお米の弾力を高める可変W圧力炊きを搭載

JPI-S100の口コミや評判レビュー!まとめ

ここまで、JPI-S100の口コミや評判レビューと題して記事を書いてきました。

まとめると以下の通りです。

  • JPI-S100は黒のデザインのモデルは価格が高い
  • JPI-S100は稼働音が静か
  • JPI-S100はお手入れが簡単
  • JPI-S100の消費電力は87.5kWh/年
  • JPI-S100の電気代は年に1,319円から1,491円の間
  • JPI-S100の交換時期は6年から10年
  • JPI-S100はお米の炊き加減が土鍋並みに良い
  • JPI-S100で炊いたお米は弾力があり、ふっくら
  • JPI-S100は底面泡立ち加工で炊き上がりがふっくら
  • JPI-S100は大型クリア液晶で老眼でも安心
  • JPI-S100はお米の弾力を高める可変W圧力炊きを搭載

JPI-S100はタイガーの最新の炊飯ジャーです。

性能が良く、美味しいお米を炊けます。

日々の食事を美味しいお米と共に過ごしたいあなたにはJPI-S100がおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

16 − five =