JPL-S100とJPL-G100の違いを比較!どっちがおすすめ?

JPL-S100とJPL-G100の違い

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「タイガーのJPL-S100を購入したいけど、旧モデルJPL-G100との違いは何?」

そんなあなたの疑問を解消するために、この記事ではJPL-S100とJPL-G100の違いを比較していきます!

具体的には連続ストップ加熱の違い、抗菌加工しゃもじの違い、価格の違いがあります。

また、JPL-S100とJPL-G100に共通する機能使用スペック口コミ・レビュー、さらにあなたにはJPL-S100とJPL-G100のどちらがおすすめなのかを解説していきますので是非参考にしてみてください!

補足としてこの記事では、証拠(エビデンス)を明確にするために記事途中で科学的な観点を取り入れた2つの学術論文を引用して解説しています。

JPL-S100とJPL-G100の違いを比較

JPL-S100とJPL-G100の4つの違い

JPL-S100とJPL-G100の両機種ともタイガーの高性能炊飯ジャーですが、最新機種がJPL-S100型落ちがJPL-G100になります。

最新機種のJPL-S100型落ちのJPL-G100連続ストップ加熱の違い、抗菌加工しゃもじの違い、価格の違いの3つの違いがあります。

ここでは3つの違いについて解説していきましょう!

連続ストップ加熱の違い

JPL-S100とJPL-G100の1つ目の違い連続ストップ加熱の有無です。

連続ストップ加熱とは、お米の甘味を引き出すために大火力で加熱し続ける技術です。

JPL-S100は連続ストップ加熱の機能があり、JPL-G100にはないので、JPL-S100の方がJPL-G100よりもハイスペックになります。

あなた
あなた

なぜ、大火力で加熱し続けると甘味が増すの?

と疑問に思ったあなたに向けて、論文を引用して解説します。

強火で加熱した方が,弱火で加熱したものより有意に好まれている.
また総合的な嗜好の評価に関与する各因子の中では,外観,味,かたさに有意の差を認めている.

(中略)

味覚テストでは,強火加熱による飯が,弱火加熱による飯より好まれた.また,弱火加熱による飯の食味は加熱時間の延長により改善され得る.

引用元:沸騰継続中の火力の強弱が炊飯に及ぼす影響について

論文を読めば、強火で加熱した方が弱火で加熱するよりも食味が好まれると解釈できます。

お米で食味とはデンプンによって糖が増すことを指します。

つまり、強火で加熱すると甘味が増しておいしくなると確かめられているのです!

科学的な証拠からもわかる通り、JPL-S100の連続ストップ加熱による大火力での加熱は甘味を引き出してくれる優れた機能なのです。

注目

JPL-S100は連続ストップ加熱で甘味があるご飯が炊ける!

抗菌加工しゃもじの違い

冒頭のtweetは、抗菌加工しゃもじでなければ靴ベラと変わらないという秀逸な投稿です。

JPL-S100とJPL-G100の2つ目の違い抗菌加工しゃもじの有無です。

JPL-S100には抗菌加工しゃもじがあり、JPL-G100には抗菌加工しゃもじがないので、JPL-S100は食中毒の対策ができます。

あなた
あなた

抗菌加工しゃもじって何?

と疑問に思ったあなたに向けてタイガーの公式サイトの言葉を引用します。

より安心・安全に毎日のごはんを召しあがっていただくために、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証のしゃもじを新採用。

抗菌効果で大腸菌や黄色ブドウ球菌などの増殖を抑えます。


引用元:【公式】タイガー魔法瓶の炊飯器 – 100周年記念モデル登場

抗菌加工しゃもじがあると大腸菌や黄色ブドウ球菌などの増殖を抑えてくれるので、食中毒の対策ができるのです!

注目

JPL-S100は抗菌加工しゃもじで食中毒の対策ができる!

価格の違い

冒頭のtweetはJPL-S100が「バカ高い」という投稿です。

JPL-S100とJPL-G100の3つ目の違い価格です。

JPL-S100の方がJPL-G100よりも15,000円ほど高いです。

そもそも、JPL-S100はタイガーの公式サイトで買うと税込140,800円で高価格になります。

あなた
あなた

価格が高くてどうしても買うのに踏み出せない…

と思うあなたに朗報。

JPL-S100はAmazonで税込83,288円で、JPL-G100はAmazonで税込69,800円です。

AmazonでJPL-S100を買えばタイガーの公式サイトで買うよりも約60,000円の節約になります。

JPL-S100の方がJPL-G100よりも15,000円ほど高いので価格の違いはあります。

ただ、JPL-S100の方が価格が高い分、高性能なのでお財布と要相談でしょう。

注目

JPL-S100の方が価格が高い分だけ高性能!

JPL-S100とJPL-G100に共通する機能

JPL-S100とJPL-G100の共通する機能

JPL-S100とJPL-G100に共通する機能として消費電力、サイズ、タッチパネル、洗浄機能、遠赤効果、やさしい泡立ちの6つがあります。

消費電力やサイズを機能として紹介するのに疑問を持つかもしれませんが、ここでは共通点として紹介します。

消費電力

冒頭のtweetは、電気代節約のために消費電力を計算している人の投稿です。

JPL-S100とJPL-G100は消費電力で共通しているので、ここでは消費電力電気代に焦点をあてて解説しましょう。

JPL-S100とJPL-G100の消費電力は共通して1時間あたり159Wです。

電気代で計算してみると、159Wの炊飯ジャーを1ヶ月使ってみた結果、1ヶ月あたり190円の電気代になります。

そのため、JPL-S100とJPL-G100の電気代はレンジで温めるインスタントのご飯2杯パック買うくらいの価格に相当します。

あなた
あなた

インスタントのご飯を良く食べる

というあなたには「インスタントのご飯2パック分で、電気代がまかなえますよ!」と言えますね。

自宅でお米を買ってJPL-S100かJPL-G100で自炊すると家計にやさしいことがわかるでしょう。

注目

JPL-S100とJPL-G100は電気代が月190円!

サイズ

冒頭のtweetは、一人暮らしの人が炊飯ジャーの大きさで悩んでいる投稿です。

一人暮らしで大きすぎる炊飯ジャーだと、置くスペースがなくて困ることもあるでしょう。

JPL-S100とJPL-G100のサイズは大きめで幅290mm×高さ220mm×奥行351mmです。

幅290mm×奥行351mmは14型インチパソコンのディスプレイサイズと同じくらいの大きさなので、14インチパソコンのノートパソコンを折りたたんで入らないスペースにはJPL-S100かJPL-G100は入りません。

あなた
あなた

置くスペースが気になる…

と思っているあなたが14インチパソコンを持っていたら、折りたたんでJPL-S100かJPL-G100を置こうと思っているスペースに置いてみてください。

14インチパソコンが置けたら、問題なくJPL-S100もしくはJPL-G100が置けます。

JPL-S100とJPL-G100は両機種とも置くスペースに余裕を持たせることをおすすめします。

注目

JPL-S100とJPL-G100は置くスペースに余裕を持たせよう!

タッチパネル

JPL-S100とJPL-G100の基本操作はボタン、細かい操作はタッチパネルで行います。

普段はボタンのみ、おかゆなど特別なメニューのときにタッチパネルを使うので、日ごろの操作は簡単です!

普段はボタンだけで済むので、あなたが今使っている炊飯ジャーからJPL-S100に乗り換えても今までの炊飯ジャーと変わらない使用感で使えると言えます!

あなた
あなた

操作が難しそう…

と思っているあなたにはタッチパネルとボタンの操作が簡単JPL-S100もしくはJPL-G100がおすすめです!

注目

JPL-S100とJPL-G100はタッチパネルで操作が簡単!

洗浄機能

冒頭のtweetは、JPL-G100の洗浄機能として圧力洗浄コースを紹介している投稿です!

JPL-S100とJPL-G100は両機種とも洗浄がしやすい特徴があり、中でも圧力洗浄コースはニオイを消してくれる機能です。

ここでは、JPL-S100とJPL-G100の洗浄のしやすさ洗浄機能について解説します。

クリアフレーム

まず、クリアフレームから解説します。

あなた
あなた

炊飯器の汚れをさっと拭きたい!

という要望にこたえたのがクリアフレームです。

内釜以外のプラスチックのフレームは特殊な光沢のある加工がされているため、ウエットティッシュなどでさっと汚れを拭けて、さらに傷が付きづらい点が特徴です。

食器洗い乾燥機対応(内蓋)

次に、食器洗い乾燥機対応(内蓋)について解説します。

タイガーの公式サイトにはJPL-S100とJPL-G100のお手入れするべきパーツとして、内蓋と内釜がの2つがあげられています。

日頃のお手入れはするのは内蓋と内釜だけで良いのです。

内蓋は食器洗い乾燥機対応です。

内蓋はボタンを一押しで取り外しが可能なのでボタンを一押しして食洗器の中に入れておけば洗浄が完了します。

あなた
あなた

内蓋を清潔に保てるか不安…

と思っているあなたには内蓋が食器洗い乾燥機対応のJPL-S100かJPL-G100がおすすめです!

圧力洗浄コース

最後に圧力洗浄コースについて解説します。

圧縮洗浄コースはJPL-S100のタッチパネルにある「洗浄」のボタンを押すことで作動します。

タイガー独自の圧力を加える技術により殺菌とニオイ除去をしてくれるのです!

あなた
あなた

ニオイの対策の仕方がわからない…

と思っているあなたにはニオイ対策の圧力洗浄コースを備えたJPL-S100かJPL-G100はおすすめです!

注目

JPL-S100とJPL-G100は洗浄が簡単!

クリアフレーム、食器洗い乾燥機対応(内蓋)、圧力洗浄コースで清潔に保てる!

旨みを引き出す遠赤効果

冒頭のtweetは、JPL-G100の遠赤効果を紹介している投稿です!

JPL-S100とJPL-G100の内釜は遠赤効果があるため、お米の旨みを引き出してくれます。

あなた
あなた

なぜ、遠赤効果があると旨みが引き出せるの?

と疑問に思ったあなたに向けて、論文を引用して解説します。

日本人の主食である米を,遠赤外線放射セラミックス粉末でコーティングした炊飯釜(セラ釜)で,水道水を用いて炊飯し,含水量と米の糖度への影響を調べた.その結果,セラミックス粉末をコーティングしていない対照釜と比較し,含水量に変化は見られないものの糖量の増加が見られた.

(中略)

セラ釜を用いた米飯でグルコースが約 1.3 倍になった(有意差無し).以上の結果から,セラ釜での炊飯は,炊飯条件を検討することで食味向上につながる可能性が示唆された.

引用元:遠赤外線放射セラミックスコートした釜を用いた炊飯が米飯中の含水量と糖量変化に与える影響

論文を読めば、遠赤外線放射セラミックス粉末でコーティングした炊飯釜(セラ釜)を使うと食味が向上すると解釈できます。

遠赤外線放射セラミックス粉末でコーティングした炊飯釜(セラ釜)は要するに遠赤効果がある内釜です。

つまり、遠赤効果があるJPL-S100とJPL-G100の内釜を使うとおいしいご飯が炊けることがわかります!

注目

JPL-S100とJPL-G100は遠赤効果でおいしいご飯が炊ける!

弾力を引き出すやさしい泡立ち

冒頭のtweetは、JPL-G100で炊いたご飯に弾力があることを紹介している投稿です。

JPL-S100とJPL-G100の内釜はやさしい泡立ちでお米に弾力が生まれます。

あなた
あなた

なぜ、泡立ちがやさしいと弾力が生まれるの?

と疑問に思ったあなたに向けて、タイガーの公式サイトを引用して解説します。

土鍋ならではの細かく均一な大量の「泡」がお米を包んで表面を守るため、お米同士がぶつかって傷つくことが少なく、旨み成分であるデンプンを閉じ込めます。

表面つややか、もっちりとした食感に炊きあげます。

引用元:土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉土鍋ご泡火炊き JPL-S100

タイガーの公式サイトの解説から、泡立ちによってお米に傷がつかずに旨みを閉じ込めもっちりとした触感が生まれるとわかります。

JPL-S100とJPL-G100を使えば弾力のあるおいしいご飯を楽しめるのです!

注目

JPL-S100とJPL-G100は弾力のあるご飯を楽しめる!

JPL-S100とJPL-G100の使用スペック一覧

JPL-S100とJPL-G100の使用スペック

JPL-S100が上位機種、JPL-G100は型落ちです。

そのため、使用スペックにも差があります。

ここでは、JPL-S100とJPL-G100の使用スペック一覧を見てみましょう。

JPL-S100JPL-G100
連続ストップ加熱ありなし
抗菌加工しゃもじありなし
消費電力
(1回あたり)
159W159W
サイズ幅290mm
高さ220mm
奥行351mm
幅290mm
高さ220mm
奥行351mm
タッチパネルありあり
クリアフレームありあり
食器洗い乾燥機対応(内蓋)ありあり
圧力洗浄コースありあり
価格
(Amazon)
税込83,288円税込69,800円

ハイスペックなのがJPL-S100、価格が安いのがJPL-G100だとわかります。

使用スペックは、後で解説する選び方にも関係するので是非参考にしてみてください!

注目

JPL-S100はハイスペック、JPL-G100が安価!

JPL-S100とJPL-G100の口コミ・レビューを比較

JPL-S100とJPL-G100の口コミ・レビュー

JPL-S100とJPL-G100の使った人の声を聞かなければあなたが買ったあとの使うイメージができません。

そのため、ここではJPL-S100とJPL-G100の口コミ・レビューを紹介します。

比較のためにJPL-S100とJPL-G100でそれぞれ書き込まれていた口コミを紹介するので、是非参考にしてみてください!

JPL-S100の口コミ・レビュー

ここでは、JPL-S100の口コミ・レビューとして以下の2つを紹介します。

  • もっちり感と甘味の強い炊きあがり
  • 内蓋が外しやすくてお手入れしやすい

もっちり感と甘味の強い炊きあがり

冒頭のtweetは、JPL-S100の炊きあがりについての投稿です。

口コミを調査した結果、一番評価されていた点が炊きあがりでした。

JPL-S100は70種類の銘柄炊き分け機能があり、たとえば「コシヒカリ」や「あきたこまち」、「ひとめぼれ」などの各銘柄にあった炊き加減で炊飯してくれます。

また別の機能で料亭のような炊き加減にしてくれる一合料亭炊き機能があります。

70種類の銘柄炊き分け機能一合料亭炊き機能の2つの機能があるためもっちり感と甘味の強い炊きあがりが実現するのです!

あなた
あなた

おいしいご飯を食べて家族と喜びあいたい!

と思っているあなたにはJPL-S100はおすすめです!

内蓋が外しやすくてお手入れしやすい

2つ目の口コミは「内蓋が外しやすくてお手入れしやすい」です。

内蓋は炊飯ジャーの上の蓋の内側の部分です。

炊飯時は内蓋が蒸気にさらされることになるので、定期的に洗わないと汚れやカビの原因になります。

JPL-S100の内蓋はワンタッチで外すことができるので、内蓋が外しやすくてお手入れがしやすいと口コミが書かれていました!

あなた
あなた

今の炊飯ジャーは内蓋の掃除が大変…

と思っているあなたには、内蓋のお手入れがしやすいJPL-S100がおすすめです!

JPL-G100の口コミ・レビュー

ここでは、JPL-G100の口コミ・レビューとして以下の2つを紹介します。

  • タッチパネルとボタンの操作が簡単
  • デザインがシンプルでカッコいい

タッチパネルとボタンの操作が簡単

冒頭のtweetは、JPL-G100のタッチパネルに驚いている人の投稿です。

1つ目の口コミは「タッチパネルとボタンの操作が簡単」です。

JPL-G100はメニューを選ぶときにボタンとタッチパネルの両方が使えます。

口コミには基本操作はボタン、細かい操作はタッチパネルで行えるので、「一度設定してしまえば、普段はボタンのみ。特別なメニューのときにタッチパネルを使う」と、ボタンとタッチパネルの使い分けができるとありました。

普段はボタンだけで済むので、あなたが今使っている炊飯ジャーからJPL-G100に乗り換えても今までの炊飯ジャーと変わらない使用感で使えると言えます!

あなた
あなた

JPL-G100は操作が難しそう…

と思っているあなたには「タッチパネルとボタンの操作が簡単」なJPL-G100がおすすめです!

デザインがシンプルでカッコいい

最後の口コミは「デザインがシンプルでカッコいい」です。

JPL-G100はこれまでの炊飯ジャーとは違い、土鍋をイメージしたシンプルでどっしりとしたデザインになっています。

JPL-G100はボディーカラーがストレートブラックとミストホワイトの2色から選べるため、あなたのお部屋のイメージに合うカラーを選ぶのがおすすめです!

あなた
あなた

インテリアを考えて炊飯ジャーを選びたい!

と思っているあなたにはデザインがシンプルでカッコいいJPL-G100がおすすめです!

JPL-S100とJPL-G100の選び方!おすすめな人とは

JPL-S100とJPL-G100の選び方

「JPL-S100とJPL-G100のどちらを選べばいいの?」という疑問を持つあなたに向けて、ここでは選び方を解説します。

是非買うときの判断材料にしてください!

JPL-S100がおすすめな人

冒頭のtweetでは、JPL-S100は「価格が高いけどおすすめ」と投稿されています。

JPL-S100がおすすめな人はハイスペックを求める人です!

JPL-S100は連続ストップ加熱があり、ご飯の甘味を引き出してくれます。

ただ、価格がAmazonで税込83,288円で高価な商品です。

あなた
あなた

価格が高くてもおいしいご飯が食べたい!

と思っているあなたにはハイスペックなJPL-S100がおすすめです!

注目

JPL-S100がおすすめな人はハイスペックを求める人!

JPL-G100がおすすめな人

冒頭のtweetでは、JPL-G100を買うか悩んでいる人の投稿です。

JPL-G100がおすすめな人はコストパフォーマンスを求める人です!

JPL-G100には連続ストップ加熱がありません。

そのため、JPL-S100よりもご飯のおいしさは低減します。

ただ、JPL-G100には連続ストップ加熱以外の機能は搭載されています。

さらにJPL-G100のAmazonでの価格が税込69,800円で、JPL-S100を買うより15,000円ほど節約になるのです!

あなた
あなた

安価でおいしいご飯が食べたい!

と思っているあなたにはコストパフォーマンス抜群のJPL-G100がおすすめです!

注目

JPL-G100がおすすめな人はコストパフォーマンスを求める人!

JPL-S100とJPL-G100の違いを比較記事まとめ

ここまでJPL-S100とJPL-G100の違いを比較してきました。

まとめると以下の通りです。

  • JPL-S100は連続ストップ加熱で甘味があるご飯が炊ける!
  • JPL-S100は抗菌加工しゃもじで食中毒の対策ができる!
  • JPL-S100の方が価格が高い分だけ高性能!
  • JPL-S100がおすすめな人はハイスペックを求める人!
  • JPL-G100は価格が安い!
  • JPL-G100がおすすめな人はコストパフォーマンスを求める人!
  • JPL-S100とJPL-G100は電気代が月190円!
  • JPL-S100とJPL-G100は置くスペースに余裕を持たせよう!
  • JPL-S100とJPL-G100はタッチパネルで操作が簡単!
  • JPL-S100とJPL-G100は洗浄が簡単!
  • JPL-S100とJPL-G100は遠赤効果でおいしいご飯が炊ける!
  • JPL-S100とJPL-G100は弾力のあるご飯を楽しめる!

JPL-S100とJPL-G100は両機種ともタイガーの高性能炊飯ジャーなので、どちらを買っても後悔はしないでしょう。

そのため、この記事を参考に是非自分にあった炊飯ジャーを買うことをおすすめします!

最後に、この記事を気に入ってくれたあなたがTwitterなどのSNSでこの記事をシェアしてくれると家電ラクnaviの従業員一同が泣いて喜びます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

▼今日もポチっとありがとうございます♪▼


キッチン家電・生活家電ランキング

▼今日もポチっとありがとうございます♪▼

にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × three =