ドライヤーKHD-9030とKHD-9740の違いを比較!どっちがおすすめ?

KHD-9030とKHD-9740を比較

ハイパワーなドライヤーって、業務用なみに大きいものが多いですよね。

今回ご紹介する「KHD-9030」と「KHD-9740」は、コンパクトで大風量なドライヤーです。

手早く髪を乾かして、髪へのダメージを少なくできます。

大きくて重いドライヤーは嫌だという方にも、おすすめです。

この記事では、KHD-9030とKHD-9740の違いと特徴をご紹介しています。

コンパクトで壊れにくいドライヤーという点で共通していますが、風量や値段に違いがあります。

最後までご覧いただいて、参考にしてください!

以下の5点で比較しています。

  • 風量
  • 消費電力
  • 本体サイズと重さ
  • スイッチ
  • 本体価格

ヘアドライヤーKHD-9030のKHD-9740違いを比較

KHD-9030とKHD-9740の大きな違いは、全体的なスペックです。

KHD-9030はKHD-9740の上位モデルです。

風量やスイッチなど、どこが違うかをご紹介しましょう。

次の5点で比較してみました。

  • 風量
  • 消費電力
  • 本体サイズと重さ
  • スイッチ
  • 本体価格

風量

まずは風量の比較です。

KHD-9030KHD-9740
風量2.3㎥/分1.6㎥/分

0.7㎥/分の差がありますね。

数字だけ見ると、あまり差はないように思えます。

ドライヤー風量は、1.3㎥/分が一般的です。

1.5㎥/分以上だと、大風量の部類に入ります。

KHD-9740も風量は強いですが、乾かすのに時間がかかる髪の長い方は、1.9㎥/分以上あるのが理想的

なので0.7㎥/分の差でも、違いがあると言えます。

ただ髪の細い方は強い風量だと髪がばらけてしまって、かえって乾きにくくなるかもしれません。

ご自分の髪質で風量を選びましょう。

消費電力

KHD-9030とKHD-9740は消費電力が異なります。

KHD-9030KHD-9740
最大消費電力1300W1200W

こちらも100Wの差で、あまり違いはないように見えます。

ですが、ドライヤーは毎日使う方が多いですよね。

チリも積もれば山となるという言葉があるとおり、少しの差でもやがて大きな差になります。

100Wの差がどのくらいなのか、電気料金で比べてみましょう。

ご家庭によって違うと思いますが、今回は27円/kWhで計算しました。

100Wの家電を1日5分使った場合、約0.2円でした。

1ヶ月毎日使うと、約6.9円。

1年だと約2518円の差になります。

これを大きいとみるか小さいとみるかは、貴方次第です。

本体サイズと重さ

本体のサイズと重さを比べてみました。

KHD-9030
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-9030」より
KHD-9740
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-9740」より
KHD-9030KHD-9740
本体サイズ約18.2(横)×21.5(縦)cm約13.9(横)×16.8(縦)cm
重さ約465g(集風器含む)約350g

KHD-9030の方が横4.3cm、縦4.7cm大きいですね。

KHD-9030本体の465gはサッカーボールほど。

KHD-9740の本体350gは缶ビール1本ほどです。

重さの差である115gは、コンビニの肉まんくらいです。

使用時間が5分くらいなら、両方ともあまり気にならないのではないでしょうか。

スイッチ

KHD-9030とKHD-9740はスイッチ機能も異なります。

KHD-9030
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-9030」より

KHD-9030は「HIGH(強)」「LOW(弱)」「COOL(冷風)」に加えて、それぞれの風量を114%強くしてくれるターボスイッチがついています。

さらに強い風量で髪を乾かしたい方には、嬉しい機能ではないでしょうか。

KHD-9740
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-9740」より

KHD-9740は「TORBO(強)」「SET(やや弱)」「COOL(冷風)」の三種類です。

セット機能は少し弱い風で、じっくり髪をセットしたい時に使うものです。

一般的なドライヤーと、機能的にはあまり変わらないですね。

ですが髪のケアを考えて、少し良いドライヤーに挑戦してみたいという方には良いかもしれません。

本体価格

本体価格もKHD-9030がKHD-9740の上位モデルということもあって、明確な違いがあります。

楽天での価格を比べてみました。

KHD-9030KHD-9740
本体価格8,250円5,060円

ショップによって価格にばらつきがあったので、コイズミの公式オンラインショップの値段を比較しています。

3190円の差がありますね。

値段だけ見ると、KHD-9740の方がお買い得でしょう。

ヘアドライヤーKHD-9030とKHD-9740に共通する機能

KHD-9030とKHD-9740の共通点は折りたためないけれど、コンパクトなところです。

KHD-9030
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-9030」より

公式HPに載っていたアンケートによると、ドライヤーは折りたたみ部分が壊れやすいようですね。

スイッチを入れればまだ風が出るのに、持ち手がぐらぐらではドライヤーとして使いにくいです

何とか修復して使おうと思う方も、いらっしゃるかも知れませんが…。

非常にもったいないけれど買い換えるしかない、と考える方が大多数でしょう。

KHD-9030とKHD-9740は、そんな悔しさを解消してくれます。

経年劣化には勝てませんが、長持ちしてくれると思いますよ。

ヘアドライヤーKHD-9030とKHD-9740の使用スペック一覧

KHD-9030とKHD-9740のスペックを一覧にしました。

KHD-9030KHD-9740
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力1300W1200W
風量2.3㎥/分1.6㎥/分
風量切替2段階(HIGH-LOW)+
TURBO機能
2段階
冷風機能
イオン機能イオンバランスツインマイナスイオン
本体サイズ約18.2(横)×21.5(縦)cm約13.9(横)×16.8(縦)cm
質量約465g約350g

ヘアドライヤーKHD-9030とKHD-9740の選び方!オススメな人とは

KHD-9030とKHD-9740の違いや、共通する機能を紹介してきました。

ここではKHD-9030とKHD-9740の違いを振り返りながら、どちらがおすすめなのかを解説していきます。

KHD-9030がおすすめな人

  • とにかくハイパワーなドライヤーが欲しい人
  • 髪が長い人
  • イオンバランスを使いたい人

KHD-9030はKHD-9740よりも、風量が強いです。

毎日ドライヤーを使うのが面倒で、なるべく早く髪を乾かしたい人にはうってつけです。

髪へのダメージを最小限におさえたい人にも、強い風量であっという間に乾くのでおすすめです。

KHD-9740にはマイナスイオン機能がついていますが、KHD-9030にはイオンバランス機能がついています。

KHD-9030
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-9030」より

イオンバランス機能はプラスとマイナスイオン両方を出すことで、髪にイオンを吸着しやすくします

これによって静電気をおさえ、キューティクルを整えてなめらかな髪にしてくれますよ。

髪をきれいに保ちたいという方に、オススメです!

KHD-9740がおすすめな人

  • 価格をおさえたい人
  • 少しでも軽いものが欲しい人
  • 髪のケアを考え始めた人

KHD-9740はKHD-9030よりも3190円お安いです。

重さも115g軽いので、少しでも安くて軽いものがいい人におすすめです。

髪の痛みが気になりだしたけれど、高いドライヤーを買うのをためらっている方。

KHD-9030よりも風量が弱いですが十分に強風ですし、マイナスイオンもついています。

髪のケアを考え始めているけれど、価格をおさえたいという方にもおすすめします!

ヘアドライヤーKHD-9030とKHD-9740の口コミ・レビューを比較

KHD-9030とKHD-9740は、発売されたばかりのドライヤーです。

なのでまだ、口コミやレビューがありません。

見つかり次第、お知らせします!

ヘアドライヤーKHD-9030とKHD-9740の違いを比較記事まとめ

KHD-9030とKHD-9740の違いや特徴をご紹介しました。

コンパクトで丈夫、大風量でドライヤーの時間を短くしたい方には最適です。

形状はほぼ同じですが、スペックとお値段の違いで選べるのはいいと思います。

買い換えを考えている方や、ちょっと良いドライヤーが欲しい方。

今回の記事が少しでも参考になれば、幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

thirteen + eighteen =