ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775の違いを比較!どっちがおすすめ?

KHD-W795とKHD-W775を比較

みなさん、毎日お風呂に入ってシャンプーをしていますよね。

特に髪の長い方や毛髪の多い方にとって、ドライヤーは必須アイテムではないでしょうか。

中には熱風で髪を痛めないように、タオルドライしている方もいらっしゃるかと思います。

ですが今回ご紹介するKHD-W795KHD-W775は、髪を乾かすだけではありません。

髪を傷めない為に熱風と冷風を交互に、しかも大風量で乾かしてくれます。

他にも頭皮を傷めない、低温の風が出るスカルプ機能もついていますよ。

KHD-W795とKHD-W775、どちらがおすすめなのか。

機能面や価格などを比較しているので、参考にしていただけたら幸いです。

ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775の違いを比較

ドライヤーに求めるものといえば、速乾、髪のキューティクルの保護、髪のまとまりやすさ、だと思います。

今回紹介しているモンスターは大風量が特徴ですので、髪を早く乾かしたい人には最適なドライヤーと言えます。

その他にはどんな機能、違いがあるのか。

ドライヤーモンスター「KHD-W795」と「KHD-W775」の違いを、次の3点で比較しています。

  1. スカルプ機能
  2. モード切替・デジタルディスプレイ
  3. 本体価格

スカルプ機能

KHD-W795とKHD-W775の最大の違いは、スカルプ機能です。

KHD-W795
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-W795」より

KHD-W795の機能になっています。

スカルプは日本語で、頭皮という意味です。

頭皮のケアを考えた機能、ということですね。

ドライヤーの温風は平均100℃~120℃ですが、スカルプ機能は60℃くらい。

ただ、60℃だと乾かすのに時間がかかります。

6、7割ほど温風で乾かしてから、仕上げにスカルプ機能を使いましょう。

髪と頭皮にやさしい温度で、キューティクルを整えてくれますよ。

モード切替・デジタルディスプレイ

風量・温度などのモード切替があります。

KHD-W795・KHD-W775に少し違いがあります。

KHD-W795KHD-W775
自動温冷切替自動温冷切替
スカルプ
(髪に優しい60℃の温風)
ドライ
(少し強めの風でじっくり乾かす)
HOT
(温風)
クール
(冷風で仕上げ)

自動で温かい風と冷たいを切り替える機能は両方にあります。

これによって髪の温度を調節して、ダメージをおさえながらツヤを与えてくれます。

KHD-W775には、クールモードがついています。

温かい風で髪を乾かすと、キューティクルが開いた状態になります。

冷たい風を当てることで、キューティクルを閉じると髪にツヤができます。

髪にツヤを出したい、という方は乾かした後にクールモードで仕上げをするといいでしょう。

KHD-W795には、デジタルディスプレイがついています。

KHD-W795
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-W795」より

これによって、今どのモードで操作しているのと、消費電力が一目で分かります。

風量・温度でだいたい分かると思うので、人によっては必要ないかもしれませんね。

本体価格

楽天での値段を比較しました。

KHD-W795KHD-W775
本体価格11000円8800円

KHD-W775のほうが2200円お安いです。

スカルプ機能にこだわらない人はKHD-W775のほうがいいでしょう。

どちらも安価なドライヤーに比べると少々お高めですが、髪のケアを大切にしたい人にはおすすめです。

ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775に共通する機能

KHD-W795とKHD-W775に共通する機能をご紹介します。

パワフルな風とマイナスイオンで短時間でしっかり乾かし、ケアしてくれるドライヤーです。

風量

KHD-W790とKHD-W775の風量を比べてみました。

あまり差はないので、こちらでご紹介します。

KHD-W795KHD-W775
風量2.42㎥/分2.2㎥/分

これという基準はないのですが、一般的なドライヤーは1.5㎥/分以上の風量で大風量と言われています。

KHD-W795のほうが0.2㎥強いですが、双方とも普通のものよりも1.2㎥以上強いです。

風量が強いので時間短縮にもなります。

公式HPによると、乾燥時間を約1/2にできるそうです。

洗った髪を乾かすのは、髪が長い人ほど時間がかかりますね。

ドライヤーを持って長時間洗面台の前に立つのは面倒、という方もいると思います。

仕事で疲れた日はなおさらでしょう。

とにかく早く乾かしたい人・ロングヘアーの人・髪の量が多い人におすすめです。

フレックスノズル

KHD-W795
画像引用:コイズミ公式HP「KHD-W795」より

フレックスノズルは風の幅を切り替えられます。

ノズルを横にすれば広範囲に風を送れ、全体的に髪を乾かせます。

ノズルを縦にするとピンポイントに風がでてきて、髪型をセットするのに便利です。

使用中は熱くなっているので、必ずスイッチを切ってから切り替えたほうがいいですよ。

マイナスイオン

髪にはわずかにプラスの電子が帯電していて、静電気ができやすくなっています。

マイナスイオンはそれを中和して、まとまりやすくしてくれるんです。

ドライヤーについているマイナスイオン機能は、空気に含まれている水分をマイナスイオンに変えるものです。

乾燥した髪の内部に水分を与え、ダメージの原因となっている静電気の発生を抑えてくれます。

これによって髪にツヤが出て、まとまりやすくなりますよ。

KHD-W795とKHD-W775
画像引用:コイズミ公式HPより

KHD-W775とKHD-W795には、5カ所からマイナスイオンが発生します。

マイナスイオンについては、科学的根拠はないと言われているようです。

ですが実際に使って髪の質がよくなったとの声もあるので、全く効果がないとも言えないですね。

ドライヤーの使い方や、髪の個人差があると思います。

ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775の使用スペック一覧

KHD-W795とKHD-W775のスペックを比較・まとめてあります。

KHD-W795KHD-W775
マイナスイオン5つのマイナスイオン5つのマイナスイオン
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力1300W1300W
モード切替温冷自動切替
スカルプ
HOT
温冷自動切替
ドライ
クール
コードの長さ約1.7m約1.7m
サイズ約253(W)×95(D)×280(H)mm
(集風器付、使用時)
約270(W)×100(D)×280(H)mm
(集風器付)
質量約680g
(集風器付)
約665g
(集風器付)
風量2.4㎥/分2.2㎥/分
カラーネイビーレッド
ブラック
ホワイト

ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775の選び方!おすすめな人とは

KHD-W795とKHD-W775について比較してきました。

ここからは、目的によってどちらがおすすめなのかをまとめます。

KHD-W795がおすすめな人

  • 地肌をいたわりたい人
  • 少しでも風量が強いほうがいい人

ご自身やお子様、ペットのお肌をやさしく乾かしたい。

KHD-W795のスカルプ機能はそんな方におすすめです。

ただ風量が強い=音が大きいなので、お子様やペットには慣れが必要かもしれません。

少しずつ慣らしてあげましょう。

▼Amazonのユーザー▼
コイズミヘアドライヤーモンスター

▼楽天ユーザー▼
コイズミヘアドライヤーモンスターKHD-W795

KHD-W775がおすすめな人

  • 少しでも価格を抑えたい人
  • クールモードで髪をツヤツヤにしたい人
  • カラーを選びたい人

楽天価格で、KHD-W775はKHD-W795より2200円ほどお安いです。

風量はKHD-W795より少しだけ弱いですが、あまり変わらないと思います。

髪のツヤを重視したい人はこちらの方がいいでしょう。

レッド・ブラック・ホワイトからカラーを選びたい人も、こちらをおすすめします。

▼Amazonのユーザー▼
コイズミヘアドライヤーモンスター

▼楽天ユーザー▼
コイズミヘアドライヤーモンスターKHD-W775

ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775の口コミ・レビューを比較

KHD-W795とKHD-W775の口コミとレビューをまとめました。

※KHD-W770と書いてありますが、販売ルートが違うだけでスペックはKHD-W775と同じです。

良い点

  • すぐに髪が乾く
  • スカルプモードで地肌にやさしい
    (KHD-W795)
  • モードが色々ある

悪い点

  • 使用時に最大風力で起動
  • 音が大きい
  • 耐久性に少し難あり

髪が長いので、大風量ですぐに乾くのは嬉しいとの声がありました。

髪にやさしい、スカルプ機能がいいという口コミも。

スイッチを入れると、いきなり最大風力になってしまうという声も、多くありました。

前回の風量を記憶できれば、もっといいですね。

ドライヤーモンスターKHD-W795とKHD-W775の違いを比較記事まとめ

KHD-W795とKHD-W775を比較・機能をご紹介しました。

大風量で髪をすぐに乾かせるのは、特に暑い日には魅力的かと思います。

髪や頭皮をいたわりながら時短ができるのも、忙しい方には嬉しいですよね。

音が大きいですが、夜中のマンションでもない限りは大丈夫かと思います。

買い換えを考えている方や、ドライヤーなんて乾けばいいやと考えている方も、ぜひ参考にしていただきたいです。

▼Amazonのユーザー▼
コイズミヘアドライヤーモンスター

▼楽天ユーザー▼
コイズミヘアドライヤーモンスターKHD-W795
コイズミヘアドライヤーモンスターKHD-W775

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen + one =