電気ケトル象印とタイガーの違いを比較!どっちがおすすめ?

象印とタイガーの違いを徹底比較

電気ケトルの覇権を争う象印とタイガーの両メーカー。

象印とタイガーの電気ケトルの違いは何があるのでしょうか?

この記事では象印とタイガーの電気ケトルの違いを比較し、あなたはどちらのメーカーがおすすめか解説していきます。

「象印とタイガーの電気ケトルの違いって何があるの?」

という疑問を解決していきます。

具体的には消費電力の違い、洗いやすさの違い、価格の違いがあります。

具体的に解説していきましょう。

象印電気ケトルの商品と特徴

象印の電気ケトルの特徴は、倒れてもお湯が漏れにくい安全性にあります。

蒸気レス構造にもなっているため、蒸気が噴出している部分に手を当ててヤケドすることもありません。

注目

象印の電気ケトルは安全性に優れている

ここからは、その象印の電気ケトルの商品を3つ紹介していきます。

CK-AX10をご紹介!

まず1つ目の商品は、CK-AX10です。

価格は2022年12月の価格.comの最安値で税込7,542円で電気ケトルとしては少々高い価格です。

ただ、機能性に優れています。

コーヒーをじっくり淹れられる「ハンドドリップモード」搭載で、コーヒー好きにはたまらない商品です。

「寒い季節に温かいコーヒーを飲みたい!」というあなたにはおすすめの商品です。

CK-DA10をご紹介!

2つ目に紹介する商品は、CK-DA10です。

価格は2022年12月の価格.comの最安値で税込4,130円で、先ほどのCK-AX10よりも価格は安いです。

容量は1,000mlで大容量の電気ケトルです。

ほこりブロック機能を搭載しており、衛生的にも優れた商品です。

CK-DA08をご紹介!

最後に紹介する商品は、CK-DA08です。

価格は2022年12月の価格.comの最安値で税込3,718円で象印の電気ケトルの中でもかなり安い商品です。

容量は800mlで、先ほど紹介したCK-DA10よりも容量が少ないです。

容量が少ないので、価格が安めに設定されています。

「コンパクトな電気ケトルが欲しい!」というあなたにおすすめの商品です。

タイガー電気ケトルの商品と特徴

タイガーの電気ケトルの特徴は洗いやすさです。

注目

タイガーの電気ケトルは洗いやすい

電気ケトルの蓋の部分がワンタッチで外すことができるタイプが多いです。

蓋がすぐに外せるので、洗いやすさはタイガーの電気ケトルの特徴と言えます。

なお、タイガーの電気ケトルは種類が象印よりも少ないです。

なので、ここでもタイガーの電気ケトルを3つ紹介しますが、2015年発売の商品まで含みます。

古い商品を紹介するほど、電気ケトルの種類が少ないことも特徴です。

PCF-G080をご紹介!

1つ目のタイガーの電気ケトルはPCF-G080です。

価格は2022年12月の価格.comの最安値で税込3,424円です。

PCF-G080は2015年に発売された商品でこの記事で紹介する電気ケトルの中では最も古い商品です。

ただ古い商品と言えども、転倒流水防水構造になっており、お湯が漏れにくい商品です。

「かなり安い商品が欲しい!」というあなたにはおすすめの商品です。

PCM-A080をご紹介!

2つ目の商品は、PCM-A080です。

冒頭のtweetはソフマップの中古品でかなり安くなっていますが、新品で購入すると価格.comで税込4,770円です。

転倒流水防水構造になっており、お湯が漏れにくい商品です。

また、従来品よりも蒸気量を約90%カットしているので、安全性にも優れています。

PTQ-A100をご紹介!

最後に紹介する商品は、PTQ-A100です。

2022年12月時点での価格.comでの最安値は税込10,800円で、この記事で紹介する電気ケトルの中では最も価格が高く高級な商品です。

ただ価格が高い分、機能性には優れており、従来品が140ml(コーヒー1杯分)のお湯を約60秒で沸かすところをPTQ-A100は約45秒で沸かします。

「高性能の電気ケトルを求めている!」というあなたにはおすすめの商品です。

電気ケトル象印とタイガーの違いを比較

冒頭のtweetは、象印とタイガー、ティファールの電気ケトルのどれを選べば良いか悩んでいる人の投稿ですね!

この記事ではティファールには触れず、象印とタイガーの違いについて解説していきます。

具体的に消費電力の違い、商品の種類の違い、価格の違いがあります。

消費電力の違い

まず1つ目の違いは、消費電力の違いです。

象印の電気ケトルは、タイガーの電気ケトルよりも消費電力が少ないです。

注目

象印の電気ケトルは消費電力が少ない

商品にもよりますが、基本的に象印の電気ケトルの消費電力は600W

対して、タイガーの電気ケトルの消費電力は1300Wです。

タイガーの電気ケトルの方が、2倍以上電力を消費することになります。

洗いやすさの違い

2つ目の違いは、洗いやすさの違いです。

タイガーの電気ケトルは象印の電気ケトルよりも、洗いやすいです。

注目

タイガーの電気ケトルは洗いやすい

例えば、PCF-Gという電気ケトルは蓋をワンタッチで外すことができます。

象印の電気ケトルよりも簡単に洗うことができます。

価格の違い

最後の違いは、価格の違いです。

象印の電気ケトルの方が、タイガーの電気ケトルよりも種類が豊富で価格のふり幅が大きいです。

注目

象印の電気ケトルは様々な価格帯がある

価格.comの価格を比較してみます。

象印の電気ケトルは最安値で税込3,718円、タイガーの電気ケトルは最安値で税込3,480円です。

一方、最高値の電気ケトルは象印が税込13,524円、タイガーは税込10,800円です。

最安値の電気ケトルの価格はそれほど差はないですが、最高値の電気ケトルの価格は2,800円ほど象印の電気ケトルの方が高いです。

象印の電気ケトルは種類が多く、様々な価格帯に対応しているため、価格のふり幅が大きいと言えます。

電気ケトル象印とタイガーの選び方!おすすめな人とは

冒頭のtweetは、タイガー、ティファール、象印の電気ケトルのどれを買うか悩んでいる人の投稿ですね!

象印の電気ケトルとタイガーの電気ケトルにはそれぞれおすすめの要素があります。

あなたはどちらのメーカーを選ぶべきか、解説していきましょう。

象印がおすすめな人

象印の電気ケトルは特にコーヒーが好きな人におすすめです。

注目

象印の電気ケトルはコーヒー好きの人におすすめ!

象印の電気ケトルにはハンドドリップモードがあり、湯量を調整しやすい特徴があります。

ドリップコーヒーなどを淹れるときは非常に便利です。

また、消費電力を抑えたい人にも象印の電気ケトルはおすすめです。

注目

象印の電気ケトルは消費電力を抑えたい人におすすめ!

象印の電気ケトルはタイガーの電気ケトルに比べ、消費電力が少ないです。

タイガーがおすすめな人

タイガーの電気ケトルは、洗いやすさを重視する人におすすめです。

注目

タイガーの電気ケトルは洗いやすさを重視する人におすすめ!

タイガーの電気ケトルはワンタッチで蓋が外せ、パーツを分解しやすい特徴があります。

「電気ケトルを清潔に保ちたい!」というあなたはタイガーの電気ケトルがおすすめです。

電気ケトル象印とタイガーの口コミ・レビューを比較

冒頭のtweetでは、象印とタイガーの電気ケトルを比較して、どちらとも音が静かであることを投稿していますね!

ここでは、象印の電気ケトルとタイガーの電気ケトルの口コミをまとめてみました。

象印の口コミ・レビューまとめ

象印はドリップコーヒーを淹れるとき、ハンドドリップモードが便利であると冒頭のtweetで口コミが投稿されています!

コーヒー好きにはたまらない電気ケトルですね!

ネット上には他にも以下のような口コミがありました。

象印の口コミ・レビュー
  • お湯が漏れる心配がなく、安全性が高い
  • 音が静かで、ストレスフリー
  • 2重構造になっていて、本体は熱くならない

タイガーの口コミ・レビューまとめ

冒頭のtweetは、タイガーの電気ケトルはパーツが少なくて洗いやすいという口コミですね!

タイガーの電気ケトルは、蓋が取りやすく洗いやすい特徴があります。

電気ケトルを清潔に保ちたい人は、タイガーの電気ケトルを使ってもいいかもしれませんね!

ネット上には他にも以下のような口コミがありました。

タイガーの口コミ・レビュー
  • 蓋が取れるので手入れがしやすい
  • 音が静かで、沸騰すれば電源がすぐ切れて良い
  • 取っ手が持ちやすい

電気ケトル象印とタイガーの違いを比較!どっちがおすすめ記事まとめ

この記事では、電気ケトル象印とタイガーの違いを比較してきました。

まとめると以下の通りです。

  • 象印の電気ケトルは安全性に優れている
  • 象印の電気ケトルは消費電力が少ない
  • 象印の電気ケトルは様々な価格帯がある
  • 象印の電気ケトルはコーヒー好きの人におすすめ
  • タイガーの電気ケトルは洗いやすい
  • タイガーの電気ケトルは洗いやすさを重視する人におすすめ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =