KC-R50とKC-P50の違いを比較!どっちがおすすめ?

KC-R50とKC-P50の違い

シャープが誇る加湿空気清浄機、KC-R50とKC-P50の2機種。

KC-R50とKC-P50は型番は違いますが、外観は変わりません。

では、違いは何があるのでしょうか?

この記事では、KC-R50とKC-P50の違いを徹底比較し、あなたにどっちか機種がおすすめかを示すことが目的です。

「KC-R50とKC-P50の違いって何?」

「シャープの空気清浄機について知りたい!」

というあなたの悩み・疑問を解決していきます!

それでは、解説していきましょう!

KC-R50とKC-P50の違いを比較

冒頭のtweetは、KC-P50の構造を解説している投稿です!

KC-R50とKC-P50は構造や機能などの違いはあるのでしょうか?

ここでは、まず発売日の違い価格の違いを解説し、次にその他に違いはあるのかについて解説していきます。

発売日の違い

まず1つ目の違いは、発売日の違いです。

KC-R50とKC-P50を比較すると、KC-R50の方が新しい機種になります。

注目

KC-R50は新しい機種

KC-R50とKC-P50の具体的な発売年月は以下の通りです。

KC-R50KC-P50
発売年月2022年9月2021年12月

KC-R50はKC-P50の9ヶ月後に発売された機種になります。

なので、KC-R50は最新機種KC-P50は型落ち機種と言えます。

価格の違い

2つ目の違いは価格の違いです。

KC-R50とKC-P50を比較すると、KC-R50の方が価格は高いです。

注目

KC-R50は価格が高い

価格.comで最安値を調査しました。

KC-R50とKC-P50の最安値を比較すると、以下の通りです。

KC-R50KC-P50
価格
(販売業者)
税込37,000円
(SAKURA MOMO)
税込22,120円
(PCボンバー)

KC-R50の方がKC-P50よりも15,000円ほど価格が高くなっています

その他の違いはある?

KC-R50とKC-P50を比較すると、発売日と価格以外の違いはありません

注目

KC-R50とKC-P50の違いは発売日と価格だけ

シャープの公式サイトを引用します。

KC-R50(2022年発売)とKC-P50(2021年発売)は、発売年の違いのみで、仕様の違いはありません。
ただし、KC-R50には加湿プレフィルタ2枚が付属します(KC-P50には付属しません)。

引用元:KC-R50とKC-P50の仕様比較表

シャープの公式サイトを見ても、KC-R50とKC-P50の違いが発売日と価格だけということがわかります。

KC-R50は付属品のフィルタが2枚付きますが、機能面など要素は2機種に違いはありません。

価格の違いは、KC-R50はKC-P50の9ヶ月後に発売されたということが要因と考えられます。

KC-R50とKC-P50に共通する機能

冒頭のtweetでは、KC-P50がプラズマクラスターの機能が付いていることを推していますね!

ここでは、KC-R50とKC-P50に共通する機能として、プラズマクラスターを紹介します!

プラズマクラスターとは何なのかをシャープの公式サイトから引用しましょう。

自然界にあるのと同じ+(プラス)と-(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出。
浮遊カビ菌や浮遊菌等の作用を抑えるシャープ独自の空気浄化技術です。

引用元:プラズマクラスターとは何ですか?

要は、プラズマの力でカビや菌などの作用を抑えてくれる機能です。

KC-R50とKC-P50の両機種とも、約13畳の部屋であればプラズマクラスターが適用できます。

なので一般家庭で使う場合は、十分にカビや菌の対策を行えますね!

KC-R50とKC-P50の使用スペック一覧

冒頭のtweetでは、KC-P50の使用スペックとして、加湿機能とプラズマクラスターがあることを投稿していますね!

ここでは、KC-R50とKC-P50の具体的な使用スペックの一覧表を見ていきましょう。

KC-R50KC-P50
プラズマクラスター
適用床面積
約13畳(約21m²)約13畳(約21m²)
加湿量強 500mL/h
中 400mL/h
弱 200mL/h
強 500mL/h
中 400mL/h
弱 200mL/h
加湿時間強 約5.0時間
中 約6.3時間
弱 約12.5時間
強 約5.0時間
中 約6.3時間
弱 約12.5時間
加湿タンク容量約2.5L約2.5L
外形寸法幅 399 mm
奥 230 mm
高さ 613mm
幅 399 mm
奥 230 mm
高さ 613mm
質量約7.5kg約7.5kg
発売年月2022年9月2021年12月
価格
(販売業者)
税込37,000円
(SAKURA MOMO)
税込22,120円
(PCボンバー)

KC-R50とKC-P50の具体的な使用スペックを見ても、価格と発売年月以外の違いはありません

では、KC-R50とKC-P50のどちらを選べば良いのでしょうか?

次に、KC-R50とKC-P50の選び方について解説していきます!

KC-R50とKC-P50の選び方!おすすめな人とは

冒頭のtweetは、「10畳の部屋にマッチする空気清浄着」としてKC-P50を勧めている様子です。

KC-R50とKC-P50のプラズマクラスター適用床面積が約13畳です。

なので、10畳の部屋ではKC-R50とKC-P50の両機種とも十分な機能を持っています。

それでは、あなたはKC-R50とKC-P50のどちらを選ぶべきなのでしょうか?

具体的に解説していきましょう!

KC-R50がおすすめな人

KC-R50がおすすめな人は、最新の空気清浄機が欲しい人です。

注目

最新の空気清浄機が欲しい人はKC-R50がおすすめ!

KC-R50はKC-P50よりも9ヶ月後に発売された機種です。

要は、KC-R50は最新、KC-P50は型落ちです。

「最新の設備が欲しい!」というあなたには、KC-R50がおすすめです。

KC-P50がおすすめな人

KC-P50がおすすめな人は、低価格な空気清浄機が欲しい人です。

注目

低価格な空気清浄機が欲しい人はKC-P50がおすすめ

KC-P50はKC-R50に比べて15,000円ほど安い機種です。

「型落ちでもいいから、低価格な空気清浄機が欲しい!」というあなたは、KC-P50がおすすめです。

KC-R50とKC-P50の口コミ・レビューを比較

冒頭のtweetは、「10畳の部屋では、KC-P50が十分マッチする」ことを伝えている口コミです。

確かに冒頭の口コミの通り、KC-R50とKC-P50の両機種とも、約13畳の部屋までなら空気清浄機としての効果は十分あります。

他にもKC-R50とKC-P50のネット上にある口コミ・レビューは以下にまとめました。

KC-R50とKC-P50の口コミ・レビュー
  • 両機種とも自動運転があるので、操作が簡単
  • 稼働音が静かなので、睡眠中にも使える
  • サイズは特別大きくないので、設置しやすい

KC-R50とKC-P50の違いを比較記事まとめ

この記事では、KC-R50とKC-P50の違いを比較してきました。

まとめると次の通りです。

  • KC-R50は新しい機種
  • KC-R50は価格が高い
  • KC-R50とKC-P50の違いは発売日と価格だけ
  • 最新の空気清浄機が欲しい人はKC-R50がおすすめ
  • 低価格な空気清浄機が欲しい人はKC-P50がおすすめ

この記事が、KC-R50とKC-P50のどちらかの購入の検討に役立つことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

9 − seven =