EW-052AとEW-452Aの違いを比較!どっちがおすすめ?

プリンター

リモートワークや自宅学習で、プリンターの購入を検討中の皆さま。

世の中にはお手頃価格のものから性能重視のものまで、たくさんのプリンターが販売されています。

ネットやカタログとにらめっこをして、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

価格はもちろん、印刷スピード・インクの消費量・大きさなど、比較したらきりがありません。

今回はそんな数あるプリンターの中から、エプソンで発売されている「EW-052」「EW-452」の違いを比較し、どちらがおすすめなのかをお知らせしたいと思います。

この記事では以下に示す点を徹底的に調べて、わかりやすくまとめました。

  • 本体のサイズ
  • 印刷スピード
  • 給紙方法
  • 液晶画面
  • 自動両面プリント
  • 本体価格

購入の参考になれば、幸いです。

この記事の主な対象者
  • EW-052とEW-452のどちらを購入するか迷っている人
  • EW-052とEW-452の違いを知りたい人

EW-052AとEW-452Aの違いを比較

EW-052AとEW-452Aについて以下の6点の違いを比較してまとめています。

  1. 本体のサイズ
  2. 印刷スピード
  3. 給紙方法
  4. 液晶画面
  5. 自動両面プリント
  6. 本体価格

本体のサイズ

EW-052A

プリンターEW-052A
(画像引用:エプソンEW-052A商品ホームページより)

EW-452A

EW-452A
(画像引用:エプソンEW-452Aの商品ホームページより)

EW-452Aのほうが少し大きいですが、2つとも「コンパクト」さと「置き場所」に困らないことに重きを置いています。

ホワイトカラーは清潔感もありますし、リビングや書斎のインテリアのひとつとして置いても、良いのではないでしょうか。

印刷した写真を飾ったり、両隣にぬいぐるみやドライフラワーを置いても可愛いかも。

印刷スピード

次に、印刷のスピードの比較です。

L版写真を1枚印刷した場合、EW-052Aは約74秒、EW-452Aは約70秒です。

1枚だけの印刷ならそれほど差はありません。

何枚も印刷する時は、重要ですね。

給紙方法

プリンターの背面に入れられる紙の量にも違いがあります。

EW-052A

  • A4 最大50枚
  • ハガキ 最大20枚

EW-452A

  • A4 最大100枚
  • ハガキ 最大30枚

こちらはかなり差がありますね。

生活に合わせて選ぶのが良いと思います。

液晶画面

EW-452A液晶画面
(画像引用:エプソンEW-452Aの商品ホームページより)

EW-452Aには液晶画面がついています。

これが一番大きな違いではないでしょうか。

液晶画面があることで便利なのが、操作がしやすいところです。

画面から写真を見て選ぶこともできますし、スマホでQRコードを読み取りプリンターと簡単に接続できます。

紙詰まりなどのエラーや、インクの残量も、直接確認できます。

自動両面プリント

EW-452Aは自動両面プリントができます。

年賀状や書類など、両面に印刷したい方にはおすすめです。

本体価格

Amazonでの値段比較です。

EW-052A:6800円

EW-452A:9800円

液晶などの機能がないぶん、EW-052Aの方が若干お安くなっております。

EW-052AとEW-452Aに共通する機能

EW-052AとEW-452Aに共通する機能をまとめました。

くっきり、鮮やかなプリント

エプソンは言わずと知れた大手企業なので、印刷機能は折り紙付きです。

書類などで使うブラックは、文字がくっきりと見やすく。

写真などで使うカラーは、普通紙でも鮮やかな色が出るよう染料インクを使用。

写真を撮った時に逆光で失敗してしまっても、プリンターが人物を認識して表情をはっきりと印刷してくれます。

インクカートリッジは各色独立しており、なくなったカラーだけを交換できるので経済的です。

スマホで操作・置き場所を選ばない

スマホでアプリをダウンロードすれば、無線LANでプリンターを操作できます。

EW-052Aには液晶画面がついていませんが、スマホで操作もできます。

また、無線なので置き場所に困りません。

コンパクトでシンプルなデザインなので、どこに置いても家具などと調和がとれます。

EW-052AとEW-452Aのスペック一覧

EW-052AとEW-452Aのスペックの一覧です。

機種名EW-052AEW-452A
インク4色(顔料1色、染料3色)、独立型インク4色(顔料1色、染料3色)、独立型インク
給紙容量
(背面トレイ)
A4:最大50枚(75g/m²)
ハガキ:最大20枚
A4:最大100枚(75g/m²)
ハガキ:最大30枚
用紙L判、六切A6縦~A4縦
リーガル、レター
カード、名刺、L判、2L判
A6縦~A4縦、リーガル、レター
ハガキ郵便ハガキ(普通・インクジェット)
往復ハガキ・純正ハガキ
郵便ハガキ(普通・インクジェット(写真))
往復ハガキ・純正ハガキ
消費電力約12W(スタンドアローンコピー時)約12W(スタンドアローンコピー時)
質量
(注)本体のみ
約4.0kg約4.3kg
印刷速度約2分49秒(A4写真用紙<光沢>)約2分40秒(A4写真用紙<光沢>)
L判写真インク・用紙合計コスト(税込)約28.8円(L判・写真用紙<光沢>)約28.8円(L判・写真用紙<光沢>)
A4カラー文書・インクコスト(税込)約14.5円約14.6円

EW-052AとEW-452Aの選び方!おすすめな人とは

EW-052AとEW-452Aの選び方をまとめました。

EW-052Aがおすすめな人

EW-052AはEW-452Aよりも機能がないぶん、値段が安いです。

印刷スピード・多機能にこだわらない、とにかく値段重視!という人におすすめです。

▼Amazonのユーザー▼
Canon インクジェット複合機 PIXUS TS5430

▼楽天ユーザー▼
Canon インクジェット複合機 PIXUS TS5430

EW-452Aがおすすめな人

EW-452Aは液晶画面でインクの残量など簡単に確認できます。

また、EW-052Aよりも印刷出来る紙の種類が多いです。

カードや名刺など、小さな紙にも印刷したい人、自動両面プリントを使いたいという人はこちらをおすすめします。

▼Amazonのユーザー▼
Canon インクジェット複合機 PIXUS TS5430

▼楽天ユーザー▼
Canon インクジェット複合機 PIXUS TS5430

EWシリーズの口コミ・レビュー

ネットの口コミをまとめました。

良い点

  • シンプルなデザインがいい
  • スマホで直接印刷できる
  • 初心者でも使いやすい

悪い点

  • インクがすぐになくなってしまう
  • 液晶画面が小さすぎる
  • 時々紙詰まりする

デザインと使いやすさには一定の評価がありましたが、インクがすぐになくなってしまうという声も多くありました。

ですが、業者並みに大量に印刷するのでなければ、コスパはいいのではないでしょうか。

EW-052AとEW-452Aの違いを比較まとめ

いかがでしたでしょうか。

値段や機能の差はありますが、家での仕事や学習に使うには、お手頃でいいと思います。

リモートワークなどでプリンターを使う機会が増える中、有線でPCとつなぐとそれなりにスペースを取りますよね。

無線なら1台あれば複数の端末で使えますし、シンプルなデザインならどこに置いても違和感がありません。

便利でお財布に優しいプリンターをお探しの方、今回ご紹介したEW-052AとEW-452Aを比較の上、検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 − 6 =