KC-30T7とKC-J50の違いを比較!どっちがおすすめ?

KC-30T7とKC-J50の違い

シャープが誇る空気清浄機、KC-30T7とKC-J50。

KCシリーズの両機種の違いは何なのでしょうか?

この記事では、KC-30T7とKC-J50の違いを徹底比較します。

具体的には、加湿機能の違い、消費電力の違い、寸法の違いがあります。

また、「あなたにはどちらの空気清浄機がおすすめか?」も解説していきましょう!

「KC-30T7とKC-J50の違いって何?」

「シャープの空気清浄機について知りたい!」

というあなたの疑問を解消するのが、この記事の目的です!

KC-30T7とKC-J50の違いを比較

冒頭のtweetは、KC-J50の写真を載せた投稿ですね!

ここでは、KC-30T7とKC-J50の違いについて解説していきます。

結論から言うと、KC-30T7とKC-J50の違いは加湿機能の違い、消費電力の違い、寸法の違いがあります。

具体的に解説していきましょう!

加湿機能の違い

まず1つ目の違いは、加湿機能の違いです。

KC-30T7とKC-J50を比較すると、KC-J50の方が加湿機能に優れています。

注目

KC-J50は加湿機能に優れている

KC-30T7とKC-J50の加湿機能の比較表は以下の通りです。

KC-30T7KC-J50
加湿量370mL/h500mL/h

KC-J50の方がKC-30T7の約1.35倍の加湿量があります。

乾燥する季節、加湿機能を使う場面が増えてきます。

なので「乾燥した部屋は嫌だ…」と思っているあなたには、KC-J50が合うかもしれません!

消費電力の違い

2つ目の違いは、消費電力の違いです。

KC-30T7とKC-J50を比較すると、電気代はKC-J50の方が安く済みます。

注目

KC-J50は電気代が安い

KC-30T7とKC-J50の1時間あたりの電気代は以下の通りです。

KC-30T7KC-J50
電気代
(1時間あたり)
約0.70円約0.54円

KC-J50を使っていれば、KC-30T7を使うよりも約77%の電気代で済むことになります。

「電気代を安く済ませたい…」と思っているあなたには、KC-J50が合うかもしれません。

寸法の違い

最後に、寸法の違いについて説明します。

KC-30T7とKC-J50を比較すると、KC-30T7の方がコンパクトです。

注目

KC-30T7はコンパクト

KC-30T7とKC-J50の寸法は以下の通りです。

KC-30T7KC-J50
寸法幅 380mm
高さ 570mm
奥行 197 mm
幅 399mm
高さ 613mm
奥行 230mm

KC-30T7の方がKC-J50よりも、全ての寸法が短いことがわかります。

つまり、KC-30T7の方がKC-J50よりもコンパクトなのです。

「買ったけど、置き場所がない…」なんてことも起こるかもしれません。

なので、スペースを取ることが心配なあなたには、KC-30T7が合うかもしれません。

KC-30T7とKC-J50に共通する機能

冒頭のtweetで、喫煙者の方には空気清浄機が必須であることがわかります!

タバコの臭いを消すくらい強力な機能がKC-30T7とKC-J50の両機種ともに備わっています。

KC-30T7とKC-J50に共通する機能として、フィルター除去・抑制があります。

フィルター除去・抑制によって、

  • 浮遊カビ菌
  • 浮遊菌
  • 浮遊ウイルス
  • 浮遊アレル物質(ダニのフンや死骸)
  • 付着タバコ臭
  • 部屋干しの生乾き臭
  • 静電気

などを除去・抑制できます。

ウイルスまで除去してくれるので、新型コロナウイルスが流行している昨今、空気清浄機の重要度は増しています!

KC-30T7とKC-J50の両機種とも、ウイルス対策にも有効ということです!

KC-30T7とKC-J50の使用スペック一覧

冒頭のtweetで、タバコ対策にはKC-J50が有効であることがわかります!

タバコに限らず、ウイルスやカビ対策などにも有効であるKC-30T7とKC-J50の両機種。

そこで、KC-30T7とKC-J50の両機種の使用スペックの一覧表を作ってみました!

KC-30T7KC-J50
浄化方式プラズマクラスター7000プラズマクラスター7000
加湿量370mL/h500mL/h
電気代
(1時間あたり)
約0.70円約0.54円
寸法幅 380mm
高さ 570mm
奥行 197 mm
幅 399mm
高さ 613mm
奥行 230mm
価格
(Amazon)
税込15,980円税込22,800円

KC-J50の方がハイスペックです。

ただ本体価格を見ると、KC-30T7の方が7,000円ほど安く済みます。

次に、あなたにはKC-30T7とKC-J50のどちらがおすすめかを解説していきます!

KC-30T7とKC-J50の選び方!おすすめな人とは

冒頭のtweetは、一人暮らしの人にKC-J50をすすめている様子です!

ここでは、KC-30T7とKC-J50の選び方について解説していきます。

結論から言うと、低価格でコンパクトさを求める人はKC-30T7がおすすめ、ハイスペックを求めるならKC-J50がおすすめです。

具体的に解説していきましょう!

KC-30T7がおすすめな人

KC-30T7がおすすめな人は、低価格でコンパクトな空気清浄機が欲しい人です。

注目

低価格でコンパクトな空気清浄機が欲しい人はKC-30T7がおすすめ!

KC-30T7とKC-J50を比較すると、KC-30T7の方がスペックは低いです。

しかし、寸法・サイズはKC-30T7の方が全体的にコンパクトで、本体価格もKC-30T7の方が安いです。

低価格でコンパクトな空気清浄機が欲しい人はKC-30T7を選びましょう!

KC-J50がおすすめな人

KC-J50がおすすめな人は、ハイスペックな空気清浄機が欲しい人です。

注目

ハイスペックな空気清浄機が欲しい人はKC-J50がおすすめ!

寸法・サイズはKC-J50の方が大きく、本体価格も高いですが、加湿能力と電気代でKC-J50の方が優れています。

なので、ハイスペックな空気清浄機が欲しい人はKC-J50を選びましょう!

KC-30T7とKC-J50の口コミ・レビューを比較

一人暮らしの人にはKC-J50がおすすめなのが、冒頭のtweetでわかります!

この口コミのtweetで、KC-J50はコスパに優れていることがわかりますね!

確かにKC-J50は本体価格が高いですが、KC-30T7よりも電気代が安いためコスパに優れていると言えるでしょう。

他にもネット上にある口コミ・レビューを以下にまとめてみました。

KC-30T7とKC-J50の口コミ・レビュー
  • KC-30T7は低価格の割に優秀
  • KC-J50は稼働音が静か
  • 両機種ともプラズマクラスターがあり、消臭力に優れている

KC-30T7とKC-J50の違いを比較記事まとめ

この記事では、KC-30T7とKC-J50の違いを比較してきました。

まとめると次の通りです。

  • KC-J50は加湿機能に優れている
  • KC-J50は電気代が安い
  • KC-30T7はコンパクト
  • 両機種とも空気清浄の機能に優れている
  • 低価格でコンパクトな空気清浄機が欲しい人はKC-30T7がおすすめ
  • ハイスペックな空気清浄機が欲しい人はKC-J50がおすすめ

この記事が、KC-30T7とKC-J50のどちらかの購入の検討に役立つことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × two =